TED、重複排除などを備えたすべてフラッシュのストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TED、重複排除などを備えたすべてフラッシュのストレージを発売


掲載日:2013/01/24


News

 東京エレクトロンデバイス株式会社(TED)は、100%MLCフラッシュメモリを使用することで、コストを抑えながらランダムアクセス性能に優れた、米Pure Storage,Inc.のSSDストレージ「Pure Storage FlashArray FA-300」シリーズを発売した。価格はオープン価格。

 「Pure Storage FlashArray FA-300」シリーズは、4K ランダム 80/20 Read/Write Mix環境で20万IOPS、最大10万write IOPSを達成している。遅延は平均1ms以下に抑えられている。

 インライン重複排除/圧縮機能を用いて容量を平均5分の1に圧縮できる(物理容量は5.5TB-11TB)。また、RAID-3D機能を備え、信頼性に優れているほか、アクティブ/アクティブの2重化コントローラを備え、可用性にも優れている。

 インターフェースは8Gbps FC/10Gbps Ethernet(iSCSI)が用意されている。オプションで、24時間365日のハードウェアオンサイトサポートが提供される。


出荷日・発売日 2013年1月22日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 【日本ヒューレット・パッカード】 「フラッシュアレイ」選定ガイド――誇大広告を見抜くための8つの考慮事項 【日本ヒューレット・パッカード】 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
フラッシュ導入で期待通りの点と期待外れの点は? 1000人に聞いた実際の効果 「フラッシュアレイ」選定ガイド――誇大広告を見抜くための8つの考慮事項 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044273


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ