カスペルスキー、2012年度スパムレポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カスペルスキー、2012年度スパムレポートを発表


掲載日:2013/01/24


News

 株式会社カスペルスキーは、Kaspersky Labのデータから、メールトラフィック内のスパムの割合は、2012年を通して着実に減少し、5年ぶりの低水準となったと発表した。

 同年の平均は 72.1%で、2011年より8.2%ポイント下落した。これほど長期的かつ大幅なスパムの割合の減少は前例がないと伝えている。

 スパム量減少の主な理由は、アンチスパムによる保護レベルの向上であると伝えている。様々なメールシステムに、スパムフィルタが用いられており、また多くのメールサービス提供者は、DKIM署名ポリシー(メール送信元のドメインを検証する電子署名)を強制的に採用しているためとしている。もう1つの要因は、合法的な広告配信が安く行なえるようになり、Web 2.0の出現にともない、バナー/コンテキストベースの広告/ソーシャルネットワークやブログでの広告など、インターネット上での広告機会が急増していることを挙げている。

 メールトラフィック内のスパム全体の割合が下落したにもかかわらず、悪質なファイルが添付されたメールの割合は3.4%とわずかな減少に留まった。一方、悪質なメールで使用されたテーマも幅広く、数々の航空会社やホテルの予約サービス/クーポンサービスなどからのメッセージを装ったものなど、レパートリーが広がっていると伝えている。

 2012年のスパムの発信源となった国の分布は、中国からの迷惑メールが19.5%を占め、1位となり、米国発のスパムの割合は13.5ポイント増えて15.6%で2位。地域別ではアジアが最多の発信源である。この1年で、アジア発のジャンクメールの割合は11.2ポイント増加し、50%超となっている。米国発のスパムの割合が増加したことにより、北米地域は15.8%でトップ10中の第2位になっている。逆に南米は8ポイント減少の11.8%であった。東西ヨーロッパ全体からのスパムの割合は15.1%で2011年度の約半分となっている。

 2012年のメールアンチウイルスによる検知数のランキングでは、米国が1位、ドイツが2位、3位は英国となった。2011年に首位であったロシアは、9位に下落した。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウドDDoS対策サービス 【日本ラドウェア】 サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク 【日本ラドウェア+他】 Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ+他】 DXの重要性をIDCが解説――世界の本気が一目で分かるインフォグラフィック 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ+他】
ADC/ロードバランサ ファイアウォール 検疫 データセンター運用 データセンター運用
トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。 DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説 サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方 DXの重要性をIDCが解説――世界の本気が一目で分かるインフォグラフィック
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044262



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ