キヤノンITS、Windows/Linuxサーバ用のウイルス等対策を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンITS、Windows/Linuxサーバ用のウイルス等対策を出荷


掲載日:2013/01/23


News

 キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、Windowsサーバ用/Linuxサーバ用のプログラムから選択して利用できる、サーバ専用ウイルス/スパイウェア対策製品「ESET File Security for Linux/Windows Server」の出荷を2月1日に開始する。

 今回の新製品で提供されるLinuxサーバ用プログラム「ESET File Security for Linux」は、ヒューリスティック機能を備え、新種のマルウェアも高い確率で検出できる。

 また、Windowsサーバ用プログラム「ESET File Security for Microsoft Windows Server」は、Windows Server 2012 Essentialsに対応するなど、様々な環境で利用できる。インストール対象環境(OSやインストールされているアプリケーション)を自動的に認識し、認識したアプリケーションに関し、その環境に適した除外設定を追加する、サーバ保護機能を利用できる。

 コマンドラインインターフェースから「ESET File Security」の各設定を変更できる。

 1ライセンスあたり1年間の価格は、新規2万円、更新1万円で、1年間のサポートとプログラム/ウイルス定義DBのアップデート権利が付属する。


出荷日・発売日 2013年2月1日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「キヤノンITソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】 統合型セキュリティ対策ソリューション iSHERIFF CLOUD SECURITY 【ソフトバンク コマース&サービス】 AIがウイルス対策ソフトの限界を超える 未知の脅威を防ぐ技術 【富士通】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか 人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。 エンドポイント、Web、メールセキュリティを単一の管理コンソールで提供し、一元化されたポリシーをクラウドで管理、展開できる統合型セキュリティ対策ソリューション。 1日に100万を超える新種が誕生? マルウェアの脅威を検知する最新技術とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044245


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ