エヒター・ジャパン、多基準意思決定評価システムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エヒター・ジャパン、多基準意思決定評価システムの新版を発売


掲載日:2013/01/23


News

 エヒター・ジャパンは、経営方針の決定、入札業務、品質管理といった業務分野や、ポートフォリオ分析、調達企業選定、人材評価、行政評価システムなどに利用できる、多基準意思決定評価システムの新バージョン「D-Sight 3.5.1」を発売した。

 「D-Sight」は、ブリュッセル大学(ULB)CoDE-SMG 研究所で開発された意思決定理論“PROMETHEE&GAIA”を基盤に、多基準意思決定支援(MCDA)分野に特化したシステム。データを有効活用することで企業の意思決定問題を支援する。

 今回の新バージョンでは、解析結果の表現力が強化され、より分かりやすく最適解を求めることが可能になり、多基準に対する異なる代替案評価のためのフレームワークを決定権者に提供する。BIシステムや各種分析システムと連携することで、更に進んだ意思決定が可能になる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 スプレッドシートでのデータ分析から脱却し、データからさらなる価値を引き出す 【Tableau Japan】 クラウド時代のデータ分析環境構築に必須の概念「データグラビティ」とは 【Tableau Japan】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】
BI BI BI BI BI
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 導入企業1200社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 スプレッドシートでのデータ分析から脱却し、データからさらなる価値を引き出す クラウド時代のデータ分析環境構築に必須の概念「データグラビティ」とは ETL機能搭載。複数データの統合・分析・レポーティングをこれ1つで実現できるオールインワンBIツール。
サーバライセンス型のため、大人数での利用も一定コストで可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044241


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ