エヒター・ジャパン、多基準意思決定評価システムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エヒター・ジャパン、多基準意思決定評価システムの新版を発売


掲載日:2013/01/23


News

 エヒター・ジャパンは、経営方針の決定、入札業務、品質管理といった業務分野や、ポートフォリオ分析、調達企業選定、人材評価、行政評価システムなどに利用できる、多基準意思決定評価システムの新バージョン「D-Sight 3.5.1」を発売した。

 「D-Sight」は、ブリュッセル大学(ULB)CoDE-SMG 研究所で開発された意思決定理論“PROMETHEE&GAIA”を基盤に、多基準意思決定支援(MCDA)分野に特化したシステム。データを有効活用することで企業の意思決定問題を支援する。

 今回の新バージョンでは、解析結果の表現力が強化され、より分かりやすく最適解を求めることが可能になり、多基準に対する異なる代替案評価のためのフレームワークを決定権者に提供する。BIシステムや各種分析システムと連携することで、更に進んだ意思決定が可能になる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 経営者が本当に欲しいデータを簡単に見える化する方法 【富士通マーケティング】 10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? 【日本アイ・ビーエム】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 常に経営者は企業のかじ取りに役立つデータ活用ツールを求めている。だが、その本音は「機能」が欲しいわけではない。実績に裏打ちされたノウハウが必要なのだ。 10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044241


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ