富士ゼロックス、複合機とGoogle Driveを連携し直接印刷等可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士ゼロックス、複合機とGoogle Driveを連携し直接印刷等可能に


掲載日:2013/01/23


News

 富士ゼロックス株式会社は、同社のデジタル複合機とGoogle社のパブリッククラウドストレージサービス「Google Drive」を連携させる無料ソフトウェア「Print & Scan for Google Drive」と、ソフトウェアの動作に必要なオプション「カスタマイズ拡張キット」の提供を1月31日に開始する。

 「Print & Scan for Google Drive」では、複合機の操作パネル上から「Google Drive」に格納された文書の印刷を指示したり、スキャナで読み込んだ文書を直接アップロードしたり、受信FAX文書を自動アップロードできる。クラウド上の電子文書を紙文書へ、紙文書をクラウド上の電子文書へと、文書をシームレスに変換/活用できる。

 「Google Drive」に保存されているDocuWorks文書/PDF/JPEG/Googleドキュメントをダウンロードし、印刷できる。カラーモードや両面印刷、まとめて1枚印刷などを設定できるため、コスト削減を図れる。

 複合機で読み込んだスキャン文書をPCに保存せずに直接「Google Drive」にアップロードできる。格納したいコレクション(フォルダ)を選択し、ボタンを押すという簡単な操作で、会議などで配布された紙の資料や、紙に残したメモなどを、手軽にクラウドへ保管できる。

 複合機の親展ボックスに入ったFAX受信文書やスキャン文書を、「Google Drive」上にあらかじめ設定したコレクションに自動的にアップロードできる。これにより、受信したFAXを、スマートフォンなどでタイムリーに確認できるようになる。

 「カスタマイズ拡張キット」の価格は5000円。一部のモデルでは、別途オプションも必要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

FileBlog(ファイルブログ) 【鉄飛テクノロジー】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 【アドビ システムズ】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
ファイルの検索性に優れたWebベースの文書共有システム。ファイルの画像プレビューや属性管理など、シンプルで高性能な仕組みを簡単に導入できるのが特長。 文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044240


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ