パナソニック、頑丈なコンバーチブルタブレットモバイルPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニック、頑丈なコンバーチブルタブレットモバイルPCを発売


掲載日:2013/01/21


News

 パナソニック株式会社は、過酷な現場でも使用できる頑丈設計のフィールドモバイルPC「TOUGHBOOK」シリーズで、「CF-C2」を2月12日に、「CF-19/CF-31/CF-H2」を1月29日から順次発売する。価格はオープン価格。

 「TOUGHBOOK CF-C2」シリーズは、頑丈さと軽さ、屋外でも見やすい高輝度液晶を兼ね備え、Windows 8 Proを搭載したコンバーチブル タブレットモバイル。「CF-19/CF-31/CF-H2」は、CPUの性能向上で基本性能が向上していて、屋外や様々な現場でIT活用の場面を拡大でき、業務効率と生産性向上を支援する。

 「CF-C2」は、静電容量式マルチタッチパネルとデジタイザー機能を備えた、屋外でも見やすい12.5インチHD、500カンデラ/平方メートルの高輝度液晶を搭載している。画面を180度回転させられ、ノートPCスタイルとタブレットスタイルのどちらでも使用でき、タブレットスタイルでの使用を考慮した頑丈LCD構造を採用している。また、76cm落下試験(非動作時、6方向)を行ない、コーナーを補強して落下時の液晶への衝撃を低減している。手持ちでも操作しやすいハンドストラップを搭載しながら重さ約1.81kgを達成しているほか、タッチ操作に適したWindows 8 Pro 64ビットを搭載している。

 「CF-19」は、ディスプレイにXGA(1024×768ドット)10.1インチ“半透過型”AR処理感圧式タッチパネル(回転式)を採用しているほか、「CF-31」は、XGA13.1インチAR処理感圧式タッチパネルを、「CF-H2」は、デジタイザー機能付きのXGA10.1インチ“半透過型”AR処理感圧式タッチパネルを採用している。

 基本性能を向上させるため、CPUに第3世代Core vProプロセッサ・ファミリーを採用、「CF-C2/H2」はCore i5-3427U vPro 1.80GHz(ターボ・ブースト2.0利用時最大2.80GHz)、「CF-19/31」はCore i5-3320M vPro 2.60GHz(ターボ・ブースト2.0利用時最大3.30GHz)を搭載している。「CF-19/31/H2」は、高速通信「Xi」対応ワイヤレスWAN内蔵モデルをラインアップしているほか、「CF-19」はSSD(128GB)搭載モデルをラインアップしている。また、USB3.0を全モデルに採用している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044178


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ