富士通、SPARC64 Xプロセッサを搭載したUNIXサーバを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、SPARC64 Xプロセッサを搭載したUNIXサーバを提供


掲載日:2013/01/21


News

 富士通株式会社は、UNIXサーバのラインアップを刷新し、「SPARC M10」の提供を開始する。

 「SPARC M10」では、10進演算/暗号処理/コピーなどのソフトウェア処理の一部をプロセッサで実行するソフトウェア・オン・チップを採用し、最適化されたソフトウェアとの組み合わせで、優れた整数演算性能を達成したプロセッサ「SPARC64 X」を搭載し、ビッグデータの高速リアルタイム処理など業務システムの性能向上を図れる。プロセッサコア単位での性能増強を図れる柔軟な運用/拡張性を備え、投資最適化を支援する。メインフレームクラスの高い信頼性も備え、システムの安定稼働を支援する。

 処理能力に合わせて、「SPARC M10-1」「SPARC M10-4」「SPARC M10-4S」の3モデルが提供される。ミッションクリティカルシステムに求められる高い信頼性に加え、膨大なデータを迅速に処理する高い処理性能や、増大するデータに対応できる柔軟な拡張性を備えていて、ICTシステムの処理能力向上を図れるため、ビジネスに求められる迅速な経営判断を支援する。

 最上位モデル「SPARC M10-4S」では、筐体を連結して1台のサーバとして使用できるビルディングブロック方式を採用していて、システムの要件に応じて1筐体単位で段階的に増設でき、最大16筐体まで連結でき、最大構成時には64CPU/1024コアの高いスケーラビリティーを備えている。また、2コア単位でCPU性能を増強でき、ビジネスの拡大に合わせて、段階的にサーバリソースを拡張でき、投資最適化を支援する。標準提供される仮想化機能を使用することで、サーバリソースを業務特性にあわせて適切に割り当てられるため、大規模なシステム統合に対応できる。同一筐体内で異なる4世代のOracle Solarisを混在させられるため、旧環境からのスムーズなシステム環境移行や、既存のアプリケーション資産の有効活用を図れ、投資を保護できる。

 メインフレーム開発で培った高信頼技術を継承し、プロセッサでは全回路にエラー検出機構と、ハードウェア自身でエラー修復を行なうリカバリ機構を装備している。また、ダウンタイムを最小化するために、ディスクドライブ/電源/ファンなどのキーコンポーネントのホットスワップ対応と冗長構成、メモリミラー機能などを採用している。メインフレームクラスの優れたRAS機能を備え、ビジネスの継続を24時間365日の安定稼働で支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044171


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ