レッドハット、仮想化インフラでSAPの認定を取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レッドハット、仮想化インフラでSAPの認定を取得


掲載日:2013/01/17


News

 レッドハット株式会社は、「Red Hat Enterprise Virtualization 3.1」がRed Hat Enterprise Linux上で動作するSAPビジネスアプリケーションの認定を取得したことを発表した。

 これはレッドハットとSAPの提携関係の中で最新の認定であり、「Red Hat Enterprise Virtualization」に対するSAPの認定を拡張するものと伝えている。物理的なRed Hatサーバ、仮想化環境、またはクラウド内へのSAPアプリケーションの実装を容易にするために、企業に新たな選択肢を提供するとしている。

 「Red Hat Enterprise Virtualization」は、エンタープライズ向けに設計されたオープンソース仮想化インフラストラクチャ。KVM(Kernel-based Virtual Machine)を使用したオープンソース仮想化ハイパーバイザと、オープンソースのoVirtプロジェクトに基づく管理ツールを備えており、優れた性能、スケーラビリティ、柔軟性及びコスト面での優位性を提供する。新バージョン「Red Hat Enterprise Virtualization 3.1」では、スケーラビリティ、ネットワーク、ストレージなどの新機能を提供している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 【カーバチュア・ジャパン】 「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート 【ヴイエムウェア株式会社】 ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】
ファイル転送 IT資産管理 垂直統合型システム データ分析ソリューション 無線LAN
インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
“保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 Amazonギフト券が当たる「ハイパーコンバージドインフラ」アンケート ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044097



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ