クイーンズ大学、折り曲げ自在な「PaperTab」を共同開発

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クイーンズ大学、折り曲げ自在な「PaperTab」を共同開発


掲載日:2013/01/17


News

 カナダ クイーンズ大学のHuman Media Lab(HML)は、英Plastic Logic(英国ケンブリッジ大学に所属する物理学研究所兼教育機関)とインテル・ラボ社とともに、折り曲げ自在なフレキシブル・ペーパー・コンピュータ「PaperTab」を開発したことを発表した。

 HMLは、オンタリオ州のクイーンズ大学に所属するヒューマン・コンピュータ・インタラクション関連研究所。

 「PaperTab」は、紙媒体のような見た目と感触を備え、Plastic Logicが開発したフレキシブルで高解像度の10.7インチプラスチック・ディスプレイ装置、フレキシブル・タッチスクリーン装置と完全インタラクティブ機能を有し、インテルの第2世代Intel Core i5プロセッサを搭載している。

 単独のディスプレイで複数のアプリやウィンドウを操作する代わりに、ユーザは1つのアプリにつき同タブレット1枚を使用し、10枚以上の同タブレットを同時に並べて作業することができる。

 薄膜ディスプレイ、薄膜入力及びコンピューティング技術を、直感的なインタラクション・デザインを通じて組み合わさせることによって、自然で複数の紙媒体の扱いに似せた機能を提供する。

 例えば、ユーザは、作成したメールを表示している同タブレットと写真を表示している別の同タブレットとを軽く接触させることで、写真をそのメールに添付することができる。同様に、2枚以上の同タブレットを横に並べて表示することで、1つの大きな絵やディスプレイに融合させることができる。

 また、ディスプレイ相互の位置を相対化して各タブレット及びユーザの位置を把握し、従来のPCのウィンドウであるかのようにすべてのアプリについてシームレスな体験を提供する。更に、何千枚もの紙媒体の文書を保管・表示することができる。軽量で頑丈であるため机の上に気軽に置くことができる一方、ボタンを押すことは不要でディスプレイの片側を曲げることによって雑誌のようにページをぱらぱらとめくることができる。

 HMLは、今後ほとんどのPC、ウルトラ・ノートブックからタブレットに至るまで、同タブレットのような多色刷りペーパーのようなルック&フィールを持つようになるだろうと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業が陥るSAP基盤運用の落とし穴、見えてきた最適な解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 単なるセキュリティ監視ではない MSSを選ぶための10のポイント 【SecureWorks Japan】 良い人材を採るチャンスを増やす、求人管理システムで採用を強化 【Donuts】 勤怠・シフトを一元管理、多機能ツールでコストを一気に削減 【Donuts】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】
運用系業務アウトソーシング セキュリティ診断 人事管理システム 勤怠管理システム 暗号化
企業が陥る“SAP基盤運用の落とし穴”、見えてきた最適な解決策とは 単なるセキュリティ監視ではない――「MSS」を選ぶための10のポイント 「良い人材を採る」チャンスを増やす、求人管理システムで採用活動を強化 勤怠・シフトを一元管理、多機能ツールでコストの無駄を一気に削減 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044090



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ