採用:ソニー生命保険がSPIのタイムスタンプシステムを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ソニー生命保険がSPIのタイムスタンプシステムを採用


掲載日:2013/01/15


News

 セイコープレシジョン株式会社(SPI)は、ソニー生命保険株式会社が進めている保険契約のペーパーレス化において、タイムスタンプを利用した電子データの真正性を確保する「かんたん時刻認証」サービスが採用されたことを発表した。

 ソニー生命保険は、利用者に保険契約内容の控え文書を電子配布する必要があり、簡単に文書の安全性担保が行なえるセキュリティ機能を必要としていた。

 「かんたん時刻認証」は、Adobe ReaderでPDF文書を開くことで、タイムスタンプと電子署名による、非改ざんと本人性の検証が行なえる。この利便性がソニー生命保険の要件に合致し、今回の採用となったとしている。また、同サービスは、電子データの真正性を検証できるPDF長期署名標準技術(PAdES方式)を利用し、自動化ツール、API連携によるシステム連携により文書の自動処理を図れる。

 ソニー生命保険では、利用者へのアフターフォローの充実化を目指す“共創プロジェクト”において、保険契約申し込み手続きのペーパーレス化を推進しており、今回、同プロジェクト第2フェーズにおいて、保険契約時に利用者へ配布する保険契約内容の控え文書に、第3者によるタイムスタンプと電子署名を付与し、不正な改ざんや成りすましの防止対策を行なった。これにより利用者はいつでも、安全にインターネットから電子文書として保険契約情報を入手し保存しておくことができるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 AXIOLE 【ネットスプリング】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】
認証 認証 認証 認証 認証
知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044049


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ