IBSJapan、無線LAN帯域向けスペアナ新版でUSBケーブル接続に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBSJapan、無線LAN帯域向けスペアナ新版でUSBケーブル接続に対応


掲載日:2013/01/15


News

 アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社(IBSJapan)は、電波干渉の多い無線LAN帯域(2.4GHz/5GHz帯)の電波状況を簡単に“見える化”でき、接続が途切れるなどの原因の解明に利用できる、MetaGeek社のUSBスペクトラムアナライザ(スペアナ)「Wi-Spy DBx」の新バージョンを発売した。価格は7万5390円(税込)。

 「Wi-Spy DBx」は、付属の解析ソフト「Chanalyzer 4」をインストールしたPCのUSBポートに接続することで手軽に使用できる。同ソフトは、使用するPCのHDD容量に依存するが、長時間のデータを取得できるため、調査対象環境に設置してロギングすることで、不定期に発生する不具合の調査なども行なえる。更に専門的な機能を搭載した有料の「Chanalyzer Pro」も別途用意されている。

 今回の新バージョンでは、「Wi-Spy」本体とPCをUSBケーブルで接続できるようになった。従来は本体を直接PCのUSBポートに接続していたが、ケーブルで接続することで挿したまま移動し、ぶつけてコネクタなどを破損する危険性を低減できる。また、本体をノートPCなどに固定できるクリップも付属している。

  (画像:使用イメージ)



出荷日・発売日 2013年1月10日 発売
価格 7万5390円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 高精度標準時刻サーバー Time Serverシリーズ 【セイコーソリューションズ】 ネットワークトラフィック監視・分析・振る舞い検知 Flowmon 【オリゾンシステムズ】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? タイムサーバーシリーズはFM、テレホンJJY、GPSなど、各種時刻ソースに対応。業務内容、設置環境、運用形態、ネットワーク環境等に合わせて選べる豊富なラインナップ ユーザ及びアプリケーション単位でのトラフィック監視・分析、ユーザの通信ログ保持、振る舞い検知など、フローベース分析を低コストですぐに実現できる。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044030


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ