レッドハット、仮想化プラットフォーム製品の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レッドハット、仮想化プラットフォーム製品の新版を提供


掲載日:2013/01/11


News

 レッドハット株式会社は、エンタープライズ向け仮想化プラットフォーム製品「Red Hat Enterprise Virtualization 3.1」の提供を開始した。

 今回のバージョンでは、管理インターフェースが日本語化されたほか、スケーラビリティ/ネットワーク/ストレージ/仮想デスクトップ機能が強化されている。また、Red Hat StorageやRed Hat Enterprise Linuxを含む同社製品群と組み合わせられ、柔軟性が更に向上している。

 プラットフォームに関しては、ゲスト仮想マシンのスケーラビリティが強化されている。仮想マシン当たり最大160の論理CPUと最大2TBのメモリに対応したほか、最新の業界標準x86プロセッサに対応するために、KVMハイパーバイザが拡張されている。

 改善されたクロスプラットフォームWeb管理ポータルや、レポートダッシュボードのアップデート、新たな仮想ネットワーク機能、強化されたストレージ機能も提供される。ストレージライブマイグレーションのテクノロジプレビューが提供されることで、仮想マシンを終了させずに、ストレージドメイン間で仮想マシンディスクファイルを移行できる。リソースクオータ機能も強化され、テスト/開発などのプライベートクラウドでのセルフサービスが可能になっている。また、新たな仮想デスクトップオートスタートポリシーや、改善されたWANの最適化を含め、VDI機能も強化されている。

 非構造化データをファイル/オブジェクトとして管理できる「Red Hat Storage」との統合機能も追加され、「Red Hat Storage」で管理された安全な共有ストレージプールへのアクセスが可能になっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他仮想化関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他仮想化関連」関連情報をランダムに表示しています。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044015


IT・IT製品TOP > 仮想化 > その他仮想化関連 > その他仮想化関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ