日本ユニシス、日本テラデータと販売代理店契約を締結

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ユニシス、日本テラデータと販売代理店契約を締結


掲載日:2013/01/11


News

 日本ユニシス株式会社は、日本テラデータ株式会社とビッグデータ分析向けソリューション「Teradata Aster」の販売代理店契約を締結したと発表した。

 「Teradata Aster」は、並列処理で稼働するリレーショナル・DBとMapReduce技術を統合したビッグデータ分析に適したプラットフォーム。独自技術“Aster SQL-MapReduce”を使うことで、従来のSQL文に精通した技術者が簡単にビッグデータにアクセスできるようになる。また、MapReduce処理の関数としてプレパッケージ化された50以上の関数を「Aster MapReduce Analytics Portfolio」として提供する。分析ユーザはこれら関数をSQL内にて呼び出すことにより、MapReduce処理を実行できる。更にオープンソースベースの分散フレームワークであるHadoopとの統合・相互連携を可能にするAster SQL-Hモジュールも利用できる。

 今回の契約締結にともない、日本ユニシスは、「Teradata Aster」ソリューションを構成する、ソフトウェア製品の「Asterデータベース」及び関数群「Aster MapReduce Analytics Portfolio」、これらソフトウェア製品をインストールして提供されるアプライアンス製品「Teradata Aster MapReduce Appliance」などすべての「Teradata Aster」ソリューションと認定構成のハードウェア製品の販売、導入・保守サービスをユーザ企業へワンストップで提供する。日本テラデータは共同マーケティング活動、日本ユニシスの営業及び導入・保守サービスを支援する。

 ユーザ企業は日本ユニシスから購入することで、動作保証された構成での「Teradata Aster」ソリューションの迅速な導入が可能となり、早期にビッグデータ分析基盤を立ち上げることが可能になるとしている。たとえばHadoopを既に利用しているユーザ企業であれば、同ソリューションを導入することにより、Aster SQL-Hモジュールを利用してHadoopに蓄積したデータをSQL文により分析できる。

 なお、同契約の締結は、日本ユニシスがTeradata Partner Network加入の国内再販代理店の中ではじめてとなると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術 【日商エレクトロニクス】 Windows 10移行に必須のユーザープロファイル管理を「UEM」導入で効率化する 【日商エレクトロニクス】 “定石”は“落とし穴”? フェーズ別で理解する、VDIとの「上手な付き合い方」 【日商エレクトロニクス】 クラウド帳票サービス「OPROARTS Prime」 【日本オプロ】 AIを活用したソリューションの開発を支援――AIベンダーとの協業で得られる効果 【日本電気+他】
VDI VDI VDI 電子帳票システム システムインテグレーション
「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術 Windows 10移行に必須のユーザープロファイル管理を「UEM」導入で効率化する 知っているだけでVDIはこんなにも変わる――エキスパートだけが知るVDI導入〜運用フェーズの“落とし穴”と“上手な付き合い方”を大公開。 帳票設計、帳票エンジンの機能に加え、帳票用のデータ取得や加工から生成した帳票の外部サービスの受け渡し等、帳票業務に係る機能をトータルで提供するクラウドサービス。 AIを活用したソリューションの開発を支援――AIベンダーとの協業で得られる効果
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044010



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ