Fringe81、Webサイトのダウンなど防止、対処するサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Fringe81、Webサイトのダウンなど防止、対処するサービスを開始


掲載日:2013/01/10


News

 Fringe81株式会社は、Webサイトに設置した外部広告タグが引き起こすセキュリティエラーやサイトの遅延・ダウンなどのリスクを未然に防止しながら、タグエラー個所を素早く発見し、対処できる“タグセキュリティ”サービス「TagKnight」を開始する。

 第1弾として、広告タグを対象にした発火成功率/読み込み速度のレポーティングや、エラー発生時の通知システム「タグナイトモニタ」と、どこに何のタグを設置しているかを視覚的に理解できるマネジメントシステム「タグナイトマップ」を2月4日にリリースする。同システムは、PCに加えスマートフォンにも対応し、タグ高速化も従来比最大50%の高速化を達成している。

 外部広告タグをワンタグで管理できるほか、「タグナイトマップ」を利用することで、“どの外部広告タグがどういう条件でどのページに表示されるように設定されているか”を視覚的に理解できるため、Webマスタとマーケティング担当者とのコミュニケーションを円滑化でき、外部広告タグ導入時に掛かる社内コストを抑えられる。

 外部広告タグを設定するルールごとにどの程度のユニークユーザに接触しているかを算出できるため、様々な外部広告タグを登録する前に広告効果をシミュレーションでき、適切な外部広告タグの設定を行なうためのPDCAを早く回せる。

 外部広告タグの監視を行なう際に、外部広告タグを解析し迅速にタグの読み込みが完了される技術を活用することで、同社の実験結果では直接外部広告タグをWebサイトに導入している状態に比べ、最大50%外部広告タグの読み込み時間が短縮されている。

 同社の第三者配信アドサーバ「digitalice」とシームレスにデータを連携でき、「digitalice」で取得したデータを利用した「TagKnight」上で外部広告タグ起動ルールを装備できる予定で、オーディエンス管理でのパフォーマンス向上結果をリアルタイムに測定できる。

 今後は、外部広告タグ以外のタグに適応範囲を拡大するほか、エラー発生時に自動的にサイトを健全な状態にする機能を装備する予定。また、外部広告タグの運用を効率化するため、タグを設定するルールの種類も拡充する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20044005


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ