採用:CTC、日本マイクロソフトの経営情報分析システムを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:CTC、日本マイクロソフトの経営情報分析システムを導入


掲載日:2013/01/10


News

 日本マイクロソフト株式会社は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)が、社内の経営情報分析システムとして「Microsoft SQL Server 2008 R2」を採用したことを発表した。

 CTCは、システムインテグレーションビジネスでの競争力強化のために、膨大なデータを収集・分析・提供することで業務状況をリアルタイムに把握し、より迅速に経営判断や施策が打ち出せるよう、新しいBIシステムを求めていた。そこで複数のBI製品を比較検討した結果、優れたコストパフォーマンスと容易な操作性を備え、ビジネスモデルや、ユーザの要望に合わせたカスタマイズが可能であることなどを評価し、「Microsoft SQL Server 2008 R2」を採用したと伝えている。

 同システムの導入にあたり、予め検証済みのデータウェアハウス構成である「Microsoft SQL Server Fast Track Data Warehouse」を活用することで、省コストで効率的な移行を可能にするとともに、1700ユーザが利用するBI環境の構築により、各種業務データ抽出のスピードアップや、データ分析と活用におけるレスポンスと作業効率の向上、自社の情報活用基盤の強化を図った。

 同社では今後も、「Microsoft SQL Server 2012」へのアップグレードや、「Microsoft SharePoint Server」との連携による“データの見える化”の強化など、マイクロソフト テクノロジを活用したBI環境の拡充に取り組んでいく予定としている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本マイクロソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 Dr.Sum EA 【ウイングアーク1st】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】
BI BI BI BI BI
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043999


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ