エフセキュア、クラウド型のセキュリティサービスをLinuxに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エフセキュア、クラウド型のセキュリティサービスをLinuxに対応


掲載日:2013/01/10


News

 エフセキュア株式会社は、クラウド型サービス「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB)」にLinuxサーバの保護を追加して提供を開始した。

 「PSB」は、Windows/Mac/Androidの、ラップトップ/デスクトップ/スマートフォン/タブレットのほか、メール/ファイルサーバを保護するクラウド型のセキュリティサービス。アンチウイルス対策とファイアウォールで、悪意あるプログラムや接続などから保護する。

 今回追加されたLinuxの保護では、Red Hat/CentOS/Debian/SUSE/Turbolinux/Asianuxのディストリビューションを対象にしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】 感染前提のマルウェア対策、VDIの次の仮想化セキュリティは? 【ヴイエムウェア】 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 「VDI+セキュリティ製品」でも防御は不完全……何が足りない? なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043990


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ