ベリサイン、脆弱性アセスメントに中間CA証明書チェックを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ベリサイン、脆弱性アセスメントに中間CA証明書チェックを追加


掲載日:2013/01/10


News

 日本ベリサイン株式会社(ベリサイン)は、同社のSSLサーバ証明書のユーザに無償で提供している「脆弱性アセスメント」サービスに、サーバ管理者の業務負荷を低減するための“中間CA証明書チェック機能”を追加した。

 「脆弱性アセスメント」は、ユーザのWebサイトの脆弱性を毎週チェックするサービス。

 今回追加されたのは、証明書の有効性の検証に用いられる“中間CA証明書”をチェックする機能。中間CA証明書の設定忘れや期限切れ、中間CA証明書/クロスルート設定用証明書の設定順序間違い、といった不備を検知できる。これにより、サーバ管理者による管理を自動化でき、Webサイト利用者からの問い合わせを未然に防ぎ、Webサイトの管理を効率的に支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 Intel Security 【マカフィー】 アプリケーションセキュリティ シフトレフト支援ソリューション 【アスタリスク・リサーチ】 脆弱性ツール診断 【ソフトバンク コマース&サービス】 セキュリティ診断サービス 【日立ソリューションズ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 標的型攻撃対策──常に変化する攻撃から企業を守る「脅威情報の活用法」 システムの脆弱性を激減させるための開発段階でのセキュリティ対策を提供。トレーニング、チェックツール、脆弱性診断など高品質サービスを安価な年間定額で提供。 WebサイトのURLを申請するだけで簡単に受けられる、サイトの脆弱性診断。最新のセキュリティ情報をもとに診断を行い、万が一リスクが見つかった場合には、対応策も提案。 最新セキュリティ技術を駆使したセキュリティ診断と分かりやすい報告書により、増大するセキュリティ侵害と情報漏えい事件に対する効果的な対策方法を提供するサービス。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043984


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ