採用:北海道ルスツリゾートがメルーの無線LANシステムを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:北海道ルスツリゾートがメルーの無線LANシステムを導入


掲載日:2013/01/07


News

 メルー・ネットワークス株式会社(メルー)は、加森観光株式会社が運営するルスツリゾートが、メルーの次世代高速安定型無線LANシステムを採用したことを発表した。

 メルーの無線LANシステムは、1つのチャネルだけでエリア内をカバーでき、複数のアクセスポイント(AP)を仮想化して1つのAPとして運用するバーチャルセル技術を用いているため、サイトサーベイの時間と手間が不要でAPの増設も容易となる。更に無線端末がAP間を移動した際にも接続が途切れること無くスムーズなローミングが可能となる。

 ルスツリゾートは、北海道の滞在型リゾート施設。これまで同施設では主に有線LANを利用し、ラウンジなど一部のスペースに小型無線ルータを設置した無線LANスポットを設け、ゲストに無線LAN環境を提供していた。しかしながら近年海外からの訪問者が増加しており、高コストな3Gローミングではなく、客室内での無線LAN利用を求める声が高まっていた。また、会議/研修/セミナー、報奨/招待旅行、大会/学会/国際会議、展示会などのMICE需要にも注力しており、より安定した高品質な無線ネットワークを求めていた。

 同施設では、大規模な無線LAN環境の導入にあたり、各種のシステムを比較検討したところ、一般的なマイクロセル技術は電波干渉の問題から施設内全域への展開が非常に困難であり、将来的に拡張の必要が生じた際には再び電波干渉状況の調査(サイトサーベイ)が必要になるなどの課題があったとしている。

 メルーの無線LANシステムは、高品質な無線LAN環境を構築できるとともに、拡張時にサイトサーベイの時間と手間が不要でAPを増設することで対応できる容易性から採用が決まったと伝えている。

 今回、すべての客室や会議室及びレストランなどルスツリゾート全域に同無線LANシステムを導入したことで、ルスツリゾートのゲストは今後、同施設内でPCをはじめスマートフォンやタブレット端末、携帯型ゲーム機といったデバイスをスムーズに無線LAN接続して利用できるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043906


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ