NRI、ビッグデータの利活用に関する企業アンケート結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、ビッグデータの利活用に関する企業アンケート結果を発表


掲載日:2013/01/07


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、2012年7月〜8月に、売上高200億円以上の企業における経営企画部門、及び情報システム部門それぞれの担当者を対象に、“ビッグデータの利活用に関するアンケート調査”を実施し、調査結果を発表した。

 NRIによると、今回の調査結果で企業におけるビッグデータの活用に対する潜在的なニーズが高く、具体的な取り組みを始めている企業や、今後の投資を予定している企業もでてきていることが判明した。一方で、取り組みが進んでいない企業では、推進体制が整っていないことがビッグデータ活用を進める上での課題となっている。

 ビッグデータ活用が組織的な検討課題に挙げられているかをたずねたところ、“全社レベルの検討課題”または“特定部門、部署レベルの検討課題”との結果となり、合わせて57%がビックデータ活用を組織的な検討課題と認識している。また、B to B企業よりはB to C企業において課題認識が高く、企業規模が大きいほど高くなる傾向にあると伝えている。

 ビッグデータ活用が既に進んでいる領域として多くあげられたのは“マーケティング”“経営管理”とし、今後のビッグデータ活用に期待が持てる領域として“商品企画・開発”“戦略策定”“営業”“販売促進”が挙げられた。ビッグデータとして現在分析に活用されているのは、“顧客情報・取引履歴など”が最も多く、ついで“Webログデータ”が挙げられ、現在は活用がそれほど進んでいないものの、今後活用していきたいデータとしては、“SNSデータ”や“GPSデータ”“ICカードデータ”が上位に挙がった。

 ビッグデータ活用の社内的な推進体制に関して、“既存部署”や“個人担当者レベル”での活動と位置づける企業が多く、専門の社内組織を設立しているという回答は限定的としている。また、その検討を担当する社員数は、10名以下とする回答が約7割を占め、現時点では大規模なリソースを投入して取り組みを進めている企業は多くないと伝えている。ビッグデータ活用の取り組みが進んでいない理由として、“活用目的が明確でない”ことが挙げられており、主体的に取り組める体制を整備することが課題としている。

 既にビッグデータの活用が進んでいる一部の企業においては、“実証実験の実施”“外部企業との取り組み““関連システムの企画・開発”を並行して進めていると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 訪日客向け、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 【駅探】 Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
運用系業務アウトソーシング 特定業種向けシステム データ分析ソリューション データ分析ソリューション ビッグデータ
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略 Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043898



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ