IBM、技術研究組合 北九州スマートコミュニティ推進機構に参加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBM、技術研究組合 北九州スマートコミュニティ推進機構に参加


掲載日:2013/01/07


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、“技術研究組合 北九州スマートコミュニティ推進機構”(技術研究組合)に参加したことを発表した。

 技術研究組合は、北九州スマートコミュニティ創造事業の推進、研究成果の国内外への発信や技術輸出の展開を設立目的としている。日本IBMは同組合に参加し、スマートシティの構成要素となる設備や機器とITが連携したパッケージ化ソリューションを参加企業のパートナーシップのもとで推進していくと伝えている。

 北九州スマートコミュニティ創造事業は、エネルギーを地域の中で効率的に活用する新たな仕組みの構築を目指している。日本IBMは、同事業で情報統合基盤の構築、ダイナミック・プライシングの制度設計支援、機器を接続する通信プロトコルの検証、蓄電池アセット管理システムの開発など実施してきており、これらのIT分野におけるエネルギー・マネジメント関連の技術やシステム構築の知見を活用し、製品開発やソリューションの提供を強化すると伝えている。

 その一環として、エネルギー・マネジメントのための共通なプラットホームである「サービス・デリバリー・プラットフォーム」、機器や設備間のデータのやりとりを支援する「MQTT」(MQ Telemetry Transport)に加え、複数拠点に分散した太陽光パネルや蓄電池の稼働状況、保守履歴を管理する「太陽光・蓄電池等分散アセット管理ソリューション」を発表した。2013年第1四半期中の提供を予定している。

 同ソリューションは、太陽光パネルや蓄電池の販売、設置、運用保守、廃棄といったライフサイクル全体を対象とし、構成情報、稼働状況、保守履歴などの資産管理データを一元管理するもの。広域に分散設置された設備や機器の動作状態を、ユーザ/機器/利用形態ごとといった様々な視点で管理でき、地図ソフトと連携して見える化しているため、運用や保守・保全を担当する事業者は効率的かつ効果的なエネルギー管理を行なえ、運用稼働率の向上や長寿命化を支援する。同ソリューションは、効率的な設備の保全管理を行なうIBMソフトウェアの「IBM Maximo」を採用していて、エネルギー管理が求められる自動販売機、建設機械、POSレジ、健康・医療機器といった機器にも適応でき、幅広い業種に展開できるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 運用で差が出る「クラウドを活用したバックアップ」の手法とは 【arcserve Japan】 約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣 【ドリーム・アーツ】 AI+LINEで約8割が自己解決、AI活用でコンタクトセンター業務を効率化 【KDDIエボルバ】 「VR機器」7製品を徹底比較、ビジネス利用で選ぶべき製品は? 【MXモバイリング】
勤怠管理システム バックアップサービス データベースソフト コールセンター/CTI その他スマートデバイス関連
プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 企業が管理すべきデータは増える一方。コストと運用負荷削減を目的にクラウドを利用するには、クラウドの特性を理解した運用環境が必要だ。今われわれは何を選ぶべきか? 約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣 AI+LINEで約8割が自己解決、AI活用でコンタクトセンター業務を効率化 「VR機器」7製品を徹底比較、ビジネス利用で選ぶべき製品は?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043892



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ