採用:KDDIら3社、ミャンマー中央銀行にクラウド環境を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:KDDIら3社、ミャンマー中央銀行にクラウド環境を導入


掲載日:2012/12/27


News

 KDDI株式会社、株式会社大和総研及び富士通株式会社は、共同でミャンマー連邦共和国の中央銀行であるミャンマー中央銀行の業務効率化を目的とした同国初のクラウド型コンピュータ環境を構築したと発表した。

 同コンピュータ環境は、大和総研が主導するアライアンスクラウド推進ソサエティの設計・構築及び運用手法に準拠したプライベート・クラウド基盤と、セキュリティ対策を施したデスクトップサービスで構成されている。

 3社によると、“急速に民主化が進展しているミャンマーでは、2015年のASEAN経済統合を視野に入れ、金融規制緩和や証券取引所の設立準備など、金融セクターの近代化に向けた動きが活発化している。このような状況下において、通貨の発行・管理や金融政策の実行など、金融システムの中核を担うミャンマー中央銀行の円滑な業務運営がますます欠かせないものとなる”としている。

 ミャンマー中央銀行では、これまで煩雑な業務の多くを手作業で行なっており、今後の経済発展とともに予想される業務量の急増への対応や、紙での管理に起因するセキュリティ対策が課題となっていた。同コンピュータ環境は、業務効率の大幅な向上だけでなく、政府系金融機関に求められる高度なセキュリティレベルを達成していると伝えている。

 同コンピュータ環境の導入にあたり、大和総研はクラウド基盤及び端末環境の設計・構築、富士通は機器類(サーバ・端末など)及び手のひら静脈認証システムの提供・構築、KDDIは行内ネットワークの設計・構築を担当した。今後も3社は信頼性の高い“日本品質”のソリューションで、ミャンマー金融業界をはじめとする様々な企業のICT化推進、更にはミャンマーの経済発展に貢献していくとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043880


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ