ルートレックなど、MtoMを利用した養液土耕システムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ルートレックなど、MtoMを利用した養液土耕システムを提供


掲載日:2012/12/27


News

 株式会社ルートレック・ネットワークス(ルートレック)は、明治大学黒川農場との産学連携事業で、中山間地域の中小規模施設栽培を対象に、MtoMプラットフォームを利用した養液土耕システム「ZeRo.agri」の提供を2013年3月に開始する。

 「ZeRo.agri」は、ルートレックが開発したWi-Fi利用無線子機とMtoMクラウドを利用した、MtoMプラットフォーム「ZeRo」を使用して、明治大学黒川農場が研究を進める環境保全型農業“養液土耕栽培”を行なうためのシステム。従来の培養液管理システムに比べ、初期導入コストを5分の1に削減できるほか、ブロードバンド網を利活用した遠隔制御技術を利用することで、施設栽培の省力化と収量増を図れ、環境保全型農業を構築できる。

 “養液土耕栽培”で、日射量やEC値などのセンサ情報を基に、独自アルゴリズムで生成された“管理指標”を利用して灌水施肥管理を行ない、高品質な農作物の安定供給というバイヤー・ニーズに対応する。施設内ゲートウェイでは、施設内の環境情報をリアルタイムに収集・通信し、環境情報を基に灌水施肥システムの制御を行なう。灌水施肥管理クラウドでは、施設内ゲートウェイからの環境情報を蓄積し、独自アルゴリズムで灌水施肥テーブルをリアルタイムに更新する。PCクライアントでは、灌水施肥管理クラウドの情報を分析して、生育管理アルゴリズムを生成する。灌水施肥システムでは、施設内の農作物に圧力水のみで灌水施肥を行なう。

 「ZeRo.agri」の初期導入費用は1台120万円から、クラウド利用料は月額1万円からを予定している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「ルートレック・ネットワークス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消 【ピツニーボウズジャパン】 不動産仲介業の顧客コミュニケーションを変える「ダイレクトメール」活用法 【ピツニーボウズジャパン】 先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 【SAS Institute Japan】 「IFRS9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 【SAS Institute Japan】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消 不動産仲介業の顧客コミュニケーションを変える「ダイレクトメール」活用法 先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 「IFRS 9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043878


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ