パテント・リザルト、3次元造形技術の特許総合力トップ3を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パテント・リザルト、3次元造形技術の特許総合力トップ3を発表


掲載日:2012/12/27


News

 株式会社パテント・リザルトは、日本に出願された3次元造形関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめた。

 3次元造形技術はラピッドプロトタイピングとも呼ばれ、光硬化性樹脂や熱可塑性樹脂を用いた、文字通り“迅速に試作”することを目的とした技術である。同調査では3次元造形技術関連の特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する“パテントスコア”をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行なった。

 その結果、“総合力ランキング”では、1位 米・3D Systems、2位 独・EOS、3位 パナソニック電工となった。なお、パナソニック電工は現在パナソニックに吸収されているが、同調査ではパナソニック電工名義(旧・松下電工含む)である公報はそのまま社名を変えずに集計している。

 同調査結果によると“特に総合力1位の3D Systemsは、3Dプリンタ関連企業の買収も積極的な企業である。しかしながら日本への出願は減少傾向にある。逆に総合力2位のEOSは近年になり出願を増やしている”とのことである。パテント・リザルトは、これらの外国企業の活動内容を把握するため、1位の3D Systemsが日本で権利化を進めるにあたり、特許審査の過程でどのような企業と競合しているのか「Biz Cruncher」の引用情報分析を用いて調査した。以下がその詳細である。

 “3D Systemsの公報が拒絶理由通知を受けた際、一番多く引用された公報の企業はナブテスコで、3D Systemsにとっては自社の特許化(権利化)活動において、ナブテスコの特許が一番の阻害要因となっており、特に樹脂に関する技術で競合している”“一方、拒絶理由通知として、3D Systemsの公報が最も多く引用された企業はEOS”であった。また、“3D Systemsから見た先行、追随企業の双方にパナソニック電工、JSRが上位に入っており、パナソニック電工とは装置・製造プロセス、JSRとは樹脂に関する技術で互いに競合している”との見解がまとめられた。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】
EDI 文書管理 ワークフロー 検疫 検疫
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043868



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ