パテント・リザルト、3次元造形技術の特許総合力トップ3を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パテント・リザルト、3次元造形技術の特許総合力トップ3を発表


掲載日:2012/12/27


News

 株式会社パテント・リザルトは、日本に出願された3次元造形関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめた。

 3次元造形技術はラピッドプロトタイピングとも呼ばれ、光硬化性樹脂や熱可塑性樹脂を用いた、文字通り“迅速に試作”することを目的とした技術である。同調査では3次元造形技術関連の特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する“パテントスコア”をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行なった。

 その結果、“総合力ランキング”では、1位 米・3D Systems、2位 独・EOS、3位 パナソニック電工となった。なお、パナソニック電工は現在パナソニックに吸収されているが、同調査ではパナソニック電工名義(旧・松下電工含む)である公報はそのまま社名を変えずに集計している。

 同調査結果によると“特に総合力1位の3D Systemsは、3Dプリンタ関連企業の買収も積極的な企業である。しかしながら日本への出願は減少傾向にある。逆に総合力2位のEOSは近年になり出願を増やしている”とのことである。パテント・リザルトは、これらの外国企業の活動内容を把握するため、1位の3D Systemsが日本で権利化を進めるにあたり、特許審査の過程でどのような企業と競合しているのか「Biz Cruncher」の引用情報分析を用いて調査した。以下がその詳細である。

 “3D Systemsの公報が拒絶理由通知を受けた際、一番多く引用された公報の企業はナブテスコで、3D Systemsにとっては自社の特許化(権利化)活動において、ナブテスコの特許が一番の阻害要因となっており、特に樹脂に関する技術で競合している”“一方、拒絶理由通知として、3D Systemsの公報が最も多く引用された企業はEOS”であった。また、“3D Systemsから見た先行、追随企業の双方にパナソニック電工、JSRが上位に入っており、パナソニック電工とは装置・製造プロセス、JSRとは樹脂に関する技術で互いに競合している”との見解がまとめられた。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは 【ネットワールド】 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 【ビッグローブ】 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” 【ビッグローブ株式会社】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】
DevOps IaaS/PaaS IaaS/PaaS 垂直統合型システム 垂直統合型システム
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。 業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他 中堅・中小企業でも何とかなる、会計システムのクラウド移行“最適解” ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入はどこまで容易になるのか? ITも競われる国際ヨットレース、勝利の鍵を握るハイパーコンバージド製品は?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043868



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ