MKIなど、災害リスク分散型のバックアップサービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MKIなど、災害リスク分散型のバックアップサービスを発売


掲載日:2012/12/27


News

 三井情報株式会社(MKI)、ほくでん情報テクノロジー株式会社、株式会社電算システム、ファーストライディングテクノロジー株式会社(FRT)は、事業継続を支えるシステム環境の提供などを目的に構築されたアライアンス体制を活用して、安全・自動的にデータを分散保管する「災害リスク分散型バックアップサービス」を2013年2月に発売する。

 「災害リスク分散型バックアップサービス」は、企業規模や業種を問わず、重要データを扱う企業のBCPやセキュリティ対策のニーズに対応する。国内のデータセンタ事業者とのアライアンス体制を活用し、秘密分散技術を使用することで広域災害の際にもデータ損失リスクの防止を図れ、セキュリティに優れている。

 免震・耐震設備や安定した電力供給能力といった耐災害性に優れた国内各地の信頼性に優れたデータセンタで、安全性・セキュリティレベルの高い運用でデータを保管し、地域災害発生や電源供給問題発生時でもデータを安全に保管できる。

 秘密分散技術を適用し、対象データの無意味化やデータ分割を行なったあと、各データセンタに1断片ごとに分散保管することで、1断片単独では意味を持たない情報になり、漏洩が発生した場合も元データは復元できない。1ヵ所のデータセンタが被災し機能しなくなった場合にも、残りのファイル分割片からデータを復元できるため、耐災害性にも優れている。また、分割されたデータは、各データセンタに自動的に分散され、特定のデータセンタにデータを集約させないため、特定地域災害時のリスク軽減を図れる。

 専用ソフトウェアをPC/ファイルサーバにインストールすることで利用でき、短期間で導入できるほか、ユーザがPC/サーバ上のフォルダにファイルを入れるシンプルな操作でバックアップを行なえる。なお、同サービスが使用する回線はインターネット回線で、専用線やVPNなどは不要で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップサービス」関連の製品

Yahoo! JAPANの大規模データ保護、導入・保守コスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 クラウドバックアップサービス 【NEC】 リスク管理を統合する「事業継続マネジメント」の7つのポイント 【日本アイ・ビー・エム】
バックアップサービス バックアップサービス バックアップサービス
バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例 パブリッククラウド(Windows Azure)を利用することでコストを抑えつつ、NECのサービス提供・サポートにより、安心して使える遠隔地バックアップサービス。 事業継続マネジメント、合格ラインはわずか17%――解決策を伝授

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043855


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップサービス > バックアップサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ