1stホールディングス、Treasure Dataとビッグデータ分野で提携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


1stホールディングス、Treasure Dataとビッグデータ分野で提携


掲載日:2012/12/26


News

 1stホールディングス株式会社は、米TreasureData,Incと、ビッグデータ分析分野において提携することで合意したと発表した。

 両社は今回の提携に基づいた連携のもと、Treasure Dataの「Treasure Data Cloud Data Warehouse Service」と、1stホールディングスの「Dr.Sum EA」「MotionBoard」をはじめとしたBI製品・サービスを連携させた「ビッグデータ活用基盤」を、1stホールディングスグループの販売会社であるウイングアーク株式会社、バリオセキュア・ネットワークス株式会社を通じて簡単かつ安価に提供していく予定としている。

 また、Apache Hadoop(Hadoop)とクラウドサービスを組み合わせ、安価、簡単に、数日でビッグデータの分析基盤のサービスインができることを特長とする「Treasure Data Cloud Data Warehouse Service」を提供することで、企業のビッグデータ分析基盤構築におけるTCOの削減を支援する。 

 更に、ビッグデータ“収集”、“保存”、“活用”の3つの領域で、顧客に最適かつ堅牢なビッグデータ活用基盤を提供すると伝えている。“収集”では、Treasure Dataの技術者が開発を主導したオープンソースソフトウェア「fluend」を企業システム向けにパッケージ化した、既存のシステムから簡単に同サービスへデータのインポートが可能なエージェント「td-agent」を提供することで、SSLにより暗号化された状態で、1コア毎秒最大1万メッセージレベルでのアップロードが可能になる。

 “保存”では、クラウド上のオブジェクトストレージを活用し、3つのロケーションへ複製し、データ保存を行なうことで、データウェアハウスとしての堅牢性を確保し、オリジナルのカラム型DBにより最大でオリジナルのデータソースを約80〜90%圧縮することなどにより、通常のHadoopクラスタよりパフォーマンスを向上できる。“活用”では、JDBCドライバの提供で、様々なツールと連携し、SQLのようなクエリ言語であるHiveQLで情報取得が可能となる。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

HPEが“持ち出し”も辞さない「IT投資保護」プログラムを開発した理由 【日本ヒューレット・パッカード】 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク 【ルックアウト・ジャパン】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 HCIは「簡単でシンプル」、プロが明かすその本当の意味とは 【日本電気株式会社】 「セキュリティ対策製品」に関するアンケート 【菱洋エレクトロ】
統合運用管理 その他エンドポイントセキュリティ関連 開発ツール 垂直統合型システム IPS
コモディティ化が速いITインフラでハコモノと技術を買うのはナンセンス。とはいえハコが不要なわけではない。IT投資を無駄にしないために、われわれは「何」を買うべきか。 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 HCIは「簡単でシンプル」、プロが明かすその本当の意味とは Amazonギフト券5000円分が当たる:「セキュリティ対策製品」に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043823



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ