PSI、ハード型RAIDとクラウド暗号バックアップ搭載小型NASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSI、ハード型RAIDとクラウド暗号バックアップ搭載小型NASを発売


掲載日:2012/12/26


News

 株式会社ピーエスアイ(PSI)は、災害などのBCP(事業継続)対策として、ハードウェア型RAID 6を標準搭載することでデータの保持性を向上させたほか、重要データを選択し暗号化してクラウドに自動的にバックアップする、株式会社グロービクスが開発した“クリプトリモートバックアップ”機能をバンドルした、業務用NAS装置「CRB-PMX404」を発売した。

 「CRB-PMX404」は、小型4bay BOXタイプで設置場所をとらず、Windows Storage Server 2008 R2を搭載したことで、Windows PC環境との親和性が高く、低価格なLinuxベースNASに比べ書き込み時間の高速化を達成している。実容量2TB/4TB/6TBの3モデルが用意されている。

 新開発のRAID 6コントローラを搭載したマザーボードを採用したハードウェア型RAID 6 NAS装置で、HDD故障や、CPUまたはOS故障時もデータを保持でき、データの冗長化構成やHDD障害復旧時のリビルド中でもスピードが落ちない構造を備えているため、一般的なNASに比べ、データの保持性がハードウェア・ベースで向上されている。

 “クリプトリモートバックアップ”アプリケーション機能がバンドルされ、選択された重要なファイルをファイル単位で暗号化したのち、クラウド(Amazon S3)側に保存でき、災害などで本体が破壊されても、重要ファイルをクラウド側からリカバリできる。強固なセキュリティが提供され、バックアップ元の「CRB-PMX404」ファイルサーバとリモートバックアップサーバ(Amazon S3)は、グローバルIP認証を利用したSSH通信を採用している。SSH通信のネットワーク上を流れるデータは暗号化されるため、通常のインターネット回線経由でも安全なデータのバックアップとアップロードを行なえる。これらにより、従来の高価なNAS装置に比べ、データの保持性が高く、クラウドデータバックアップも安価に行なえるため、大企業の支社・支店や、中小企業、医療機関、中小金融機関などで利用できる。

 安否確認機能も備えていて、従業員の安否状況を把握することで、リストアする人・場所・ファイルを的確に判断し指示できる。システム管理者は基本的にシステム管理のみを行ない、情報管理のイニチアシブ(データ復号の最終決裁権限)は経営層が保持しているため、実作業は一般社員が行なうという明確な権限(ユーザ)管理を行なえる。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

企業向けストレージに関するアンケート 【日本アイ・ビー・エム】 HDD並みの価格で実現するオールフラッシュストレージの4つの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 新発想のデータ活用「データレイク」を支えるストレージ条件とは 【日本アイ・ビー・エム】 バッチ処理時間の短縮で実感 オールフラッシュストレージの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】
NAS NAS NAS NAS NAS
3000円分のAmazonギフト券が当たる:ストレージに関する読者調査 知らないと恥ずかしい オールフラッシュ導入による4つの恩恵 IoT、ビッグデータ……次世代デジタルデータ分析に必要なストレージ条件とは OpenStack連携・5年保証の実力派フラッシュストレージ導入事例 x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043812


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ