FJM、財務会計と医事・介護システムとの連携モジュールを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FJM、財務会計と医事・介護システムとの連携モジュールを提供


掲載日:2012/12/25


News

 株式会社富士通マーケティング(FJM)は、中堅中小の医療機関の経営効率化を支援する、財務会計システム「GLOVIA smart きらら 会計(医療法人対応版)」と、医事システム「HOPE/SX-R、J」、介護請求システム「HOPE/WINCARE-ES」とのデータ連携を行なう「きらら自動仕訳モジュール」の提供を開始した。

 「きらら自動仕訳モジュール」では、担当者が医事・介護システムで入力したデータが自動的に仕訳され、「GLOVIA smart きらら 会計」に取り込まれるため、仕訳作業や財務システムへの手入力が不要になり、リアルタイムで医療機関の経理情報を容易に把握できる上、転記やタイプによるミスの防止を図れる。別業務として扱われることが多い医事・介護会計、財務会計を一貫した会計業務として取り扱うことで、会計業務の効率化を支援する。

 医事・介護システムの連携端末(任意指定)に格納され、実行を指示すると動作する。あらかじめ設定しておいた科目の振分け設定に基づいて、医事・介護の会計データを編集し、「GLOVIA smart きらら 会計(医療法人対応版)」に仕訳データを連携する。医事・介護システムで生成された連携データで、端数金額が発生するなど確認が必要な会計データは、実行時にチェック対象として画面表示され、把握できる。また、連携データは、振替伝票形式での印刷またはプレビュー表示を行なえる。

 請求ベースで売上計上する“未収金計上するパターン”と、入金ベースで売上計上する“未収金計上しないパターン”の2つの選択肢が用意されていて、現行の経理処理運用を変更せずに、手作業からシステムへの移行を図れる。

 「HOPE/SX-R」「HOPE/SX-J」「HOPE/WINCARE-ES」それぞれに、「きらら自動仕訳モジュール」が用意されていて、価格はいずれも12万円(保守費用別)。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

個人信用情報照会システム L-CRIP 【セイコーソリューションズ】 業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 ProSCOPE-C 【日立SC】 通販ソリューション 【日立システムズ】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
個人信用情報機関との通信制御から独自の個信審査まで、融資審査業務に欠くことのできない個人信用情報照会の機能を装備したパッケージ。導入実績110社以上。 販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 通販バックヤードシステムを中心に、ECサイト、コールセンター、マーケティングツールなど、通販業務機能をオールインワンで提供。単品通販向け機能が豊富。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043797


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ