採用:OKI、NTT-ATのソフトウェアコーデックを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:OKI、NTT-ATのソフトウェアコーデックを採用


掲載日:2012/12/21


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社(NTT-AT)は、同社が提供しているH.264ソフトウェアコーデック「HDVE-200/HDVD-200」が、沖電気工業株式会社(OKI)から発売されるビデオ会議システム「Visual Nexus」の新バージョンに採用されたと発表した。

 「HDVE-200/HDVD-200」は、NTTメディアインテリジェンス研究所が開発し、NTT-ATにて商品化したフルハイビジョン映像による高画質で双方向の映像コミュニケーションを可能にしたソフトウェアコーデック。

 「Visual Nexus」は、H.264ハイプロファイルを搭載しているほか、回線帯域を最大50%削減し、低価格化が行なわれた。PC用ビデオ会議クライアントではH.264ハイプロファイルの適用は初めてとなると伝えている。

 NTT-ATは、ビデオ会議システムでは違和感のないコミュニケーションために双方向映像の高画質・低遅延が求められているが、専用のビデオ会議端末と広い回線帯域が必要で導入・運用コストが課題になっていたとしている。

 OKIでは、低遅延で低演算量(映像処理の計算量が少なく、軽量)なソフトウェアコーデックであること、H.264ハイプロファイルに準拠しており高画質な圧縮を行なえること、SDK形式のためビデオ会議システムへ短期間・低コストで組込むことができることを評価し、「Visual Nexus」への「HDVE-200/HDVD-200」の採用を決定した。

 NTT-ATでは今後、遠隔医療応用としての手術中継や、インタラクティブな会話をともなうイベントのライブ中継、リアルタイムに質疑応答可能な遠隔講義など、様々な分野に拡大していく予定と伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043776


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ