採用:地球研等、日立の指静脈認証を活用しラオスで健康調査

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:地球研等、日立の指静脈認証を活用しラオスで健康調査


掲載日:2012/12/21


News

 株式会社日立製作所は、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所(地球研)が、ラオス人民民主共和国での肝吸虫症などの感染症撲滅を目的に、国立大学法人 長崎大学の熱帯医学研究所(熱研)と共同で、日立の“指静脈認証”を活用して、ラオス南部のサワナケート県ソンコン郡ラハナム地区の中学生・高校生など約500名を対象とした検便などの健康調査を行なったと発表した。

 指静脈認証技術は、指の静脈パターンで個人を認証する日立が開発した生体認証技術。近赤外線を指に透過させて得られる指の静脈パターンの画像から静脈の存在する部分を構造パターンとして検出し、あらかじめ登録した静脈の構造パターンと照合させて個人認証を行なう。指静脈は体内にある情報であるため、偽造や成りすましが極めて困難であり高いセキュリティレベルを可能にする。

 地球研では、研究プロジェクト“熱帯アジアの環境変化と感染の調査”(人類と感染症を病原体、媒介動物、宿主の生態学的な関連ととらえ、人間の生活と、それを取り囲む環境全体の問題として一体的・分野横断的に記載・分析する研究)の一環として、ラハナム地区の住民約3000名を対象に検便などの健康調査を行なった。しかし、調査を進めていく中で、調査対象者本人の特定や登録された本人情報とのマッチングが難しいといった問題が発生したと伝えている。

 今回の調査は、本人情報とのマッチングの問題を解決することを目的に、既にケニアやラオスにおいて、指静脈認証を活用して地域住民の動向を継続的に把握するHDSS(健康と人口の動態追跡調査システム)を行なった実績のある熱研と協力し、ラハナム地区での再調査を行なうことにしたもの。

 同調査では、検便を回収する際に、調査対象者の本人情報(氏名、年齢など)や検便登録番号などの情報とその対象者の指静脈情報をDBに登録することにより、次回以降の調査の際に調査対象者が指静脈認証を行なうことで、調査対象者と本人情報や検便の検査結果との正確なマッチングが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043772


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ