エフセキュア、2013年のインターネット予測トップ7を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エフセキュア、2013年のインターネット予測トップ7を発表


掲載日:2012/12/21


News

 フィンランドF-Secure Corporation(エフセキュア)は、インターネットが現在の姿と変わらなかった場合、2013年に市場で起こりえる事態に関するエフセキュアラボの予測トップ7を発表した。

 今回発表した7項目の予測の1つである“現在の姿のインターネットは終わりを迎える?”では、国際電気通信規則の改正を目的として開催された世界国際電気通信会議(WCIT)により、現在のインターネットの姿に大きな影響をもたらす可能性があるとしている。同会議には、世界各国の政府を代表する規制当局が出席しており、規制当局すべてが自由なインターネットの使用について必ずしも賛成しているわけではないため、インターネットに対するコントロールが専門家から政府に移動される懸念やインターネットの匿名性が失われる可能性があるとしている。

 “情報の盗難によって、政府が支援するスパイツールの存在がより多く明らかになる”では、2013年には、サイバー空間での国家によるスパイ活動をはっきりと裏付ける情報の盗難がより多くなるとし、かつては攻撃元とは考えられなかった国による情報の盗難が増えるとしている。

 “モバイルマルウェアのコモディティ化に拍車がかかる”では、モバイルマルウェアが更にコモディティ化し、ハッキング技術を実際には持たないサイバー犯罪者が、他のサイバー犯罪者により作成されたツールキットを購入し使用できるようになるとしている。すなわち、Android向けのマルウェアアズアサービス(malware-as-a-service)が横行する状況が予想されるとしている。

 “Macを対象としたマルウェアが再びまん延する”では、Mac OSにはセキュリティ面で優れた変更が行なわれてきたが、一方でMacユーザの一部には、Macを狙う脅威があることをそもそも忘れている人たちがいるとし、こうした人たちは新しいマルウェアのまん延による被害を受けやすくなるとしている。

 その他の項目には“スマートTVがハッカーの標的にされる”“モバイルスパイソフトウェアが主流となる”“タブレットが無償でコンテンツの重要顧客に提供される”ことを取り上げている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 【SAS Institute Japan】 顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは 【SAS Institute Japan】 「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する? 【SAS Institute Japan】
CRM CRM データ分析ソリューション データ分析ソリューション 在庫管理システム
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは 「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043757



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ