ジュニパー、IT部門の役割に関するグローバル調査を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジュニパー、IT部門の役割に関するグローバル調査を発表


掲載日:2012/12/21


News

 ジュニパーネットワークス株式会社(ジュニパー)は、世界4ヵ国(米国、英国、ドイツ、日本)のIT担当役員や企業経営幹部などを対象に、企業におけるIT部門の役割やITに対する認識などを問うグローバル調査の結果を発表した。

 今回の調査は、ジュニパーの委託により、英誌“エコノミスト”の調査部門“Economist Intelligence Unit”によって行なわれたもの。調査目的は、ITのビジネスにおける役割が、膨大な規模の課題と機会に対応するためにどのように変化しているのかを理解することである。米国、英国、ドイツ、日本のIT担当役員及び企業経営幹部の474人が対象となり、回答者の51%は最高経営幹部及び取締役で、残りは上級役員と管理職としている。

 同調査の結果によると、調査対象企業の過半数(52%)が、主に“企業の業務効率を向上させる目的”でIT部門を活用していることが明らかになった。また、回答者のうち競合よりも優れた収益を出している高収益企業ほど、ITが業務効率の向上目的だけではなく自社ビジネスの主要分野において重要な役割を担っていることが判明した。

 また、今後3年間の新製品・新サービスの開発におけるITの関与について61%の回答者が“非常に緊密になる”または“ある程度緊密になる”と回答していて、現時点でIT部門の大半がビジネス成長の牽引役としてみなされていないものの、ITの役割が効率化ツールとしての役割からビジネス成長の原動力へとシフトしていくことを示唆していると伝えている。一方で、ITとビジネスの連携により戦略的ビジネス目標を達成している企業は少ないのが現状で、ITによるビジネス成長への対応状況について回答者の5人に1人(21%)は“非常に限定的"または“準備していない”と回答している。

 このITとビジネスとの連携を妨げる障害については、日本の44%の回答者が連携促進できる人材がIT部門にいないと回答しており、人材の確保が課題となっている。

 なお、今後3年間で企業の競争力に最も影響を及ぼすであろう重要なトレンドとして、日本の半数近い回答者(48%)が“ネットワークを通じたコラボレーションと情報共有”を挙げているほか、今後3年間でビジネスに成長が期待されるテクノロジー分野の自社投資対象として、日本では回答者の22%が“システムセキュリティ”と回答している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” 【日本電気】 ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ 【株式会社ネットワールド】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】 「セキュリティ重視のワークスタイル変革」成功企業の取組みとは 【日立システムズ+他】 DiskDeleter 【ホワイトポイント】
統合運用管理 垂直統合型システム 無線LAN 無線LAN 暗号化
激務とミス多発の悪循環を解消、人手不足の情シスでも実行できる“働き方改革” ハイパーコンバージドにおけるバックアップ運用、これが答えだ 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 廃棄・譲渡したPCからの情報漏えいが多発、データを完全消去する際の注意点は?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043754



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ