採用:ニフティなど、GMOグローバルサインのクラウドSSLを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ニフティなど、GMOグローバルサインのクラウドSSLを採用


掲載日:2012/12/18


News

 GMOグローバルサイン株式会社は、ニフティ株式会社と株式会社ロックオンが提供する「EC-CUBEクラウド」の「EC-CUBEホスティング」プランに、GMOグローバルサインの「クラウドSSL」が採用されたと発表した。

 「クラウドSSL」は、1枚のSSLサーバ証明書で最大100個のFQDN(ドメイン名・サブドメイン名・ホスト名を省略せずにすべて記載した記述型式)を追加できる定額制のサービス。同一グローバルIPアドレスであれば、複数の独自ドメインを用いてWebサイトを運営していても、1枚のSSLサーバ証明書で複数の運営サイトのSSL通信を行なえ、最大100個のFQDNの追加により、最大101個のWebサイトのSSL通信を可能にする。また、SSLサーバ証明書の有効期限内であれば、FQDNの追加・削除を自由に行なえる。

 「EC-CUBEホスティング」プランは、ロックオンのECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」の利用者向けにニフティが提供しているホスティングサービス。

 ニフティは、「クラウドSSL」がインターネットの安全性を高めながら、枯渇するIPアドレスの節約に役立つ点を評価したとし、「EC-CUBEホスティング」プランに採用したとしている。

 「クラウドSSL」の導入メリットとして、SSLサーバ証明書を発行するためにIPアドレスを顧客に追加で割り当てる必要がなく、IPアドレスを節約できること、FQDNの追加の際に、顧客からのドメイン使用許諾書の提出が不要で、メール認証もしくはページ認証でFQDNを追加できるので、時間を選ばず、オンライン上でSSL通信を行ないたいサイトのFQDNの入れ替えができること、API連携により、サービス同士を連携させることで申請から証明書発行までのプロセスを自動化できることにより、ホスティングユーザの利便性の向上や、内部コストの削減を可能にすることを挙げている。ニフティにおいても、発行自動化へ向けてAPI連携させる開発を行なう予定としている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

AXIOLE 【ネットスプリング】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 サイトアクセスの3割を占める悪性bot、対策の鍵はクラウド型ふるまい検知 【シーディーネットワークス・ジャパン】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 サイトアクセスの3割を占める悪性bot、対策の鍵はクラウド型ふるまい検知 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043679


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ