採用:サーラグループの人事システムにSCSKのProActive E2を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:サーラグループの人事システムにSCSKのProActive E2を採用


掲載日:2012/12/18


News

 SCSK株式会社は、株式会社サーラコーポレーションが、ヘッドクオーターとしての役割を担っているサーラグループ全体の人事給与業務をカバーする次期グループ人事システムとして、ERPパッケージ「ProActive E2」の採用を決定したと発表した。

 「ProActive E2」は、SCSKが開発したERPパッケージ。連結決算の早期化、連結経営のスピード化を可能にする“グループ統一システム導入”などの事例を有している。IFRSといった会計基準の変更にも対応している。

 サーラグループは、次期3ヵ年に向けて“グループ全社員のマンパワー最大化”に着手したとし、その一環として、人材情報を適正かつ精緻に把握し、人事面、経営面から活用できるグループ人材情報を可視化する基盤構築を目的として、グループ共通人事システムの再構築を目指していたとしている。

 同グループは、“グループを横断した人材情報管理の実現”を最重要ポイントに置いてパッケージ製品を検討したとしている。その結果、グループ会社に導入実績のある「ProActive E2人事・給与・勤怠管理」の採用が決定したと伝えている。

 今回の選定ポイントは、グループ人材管理機能によりグループ横断でのリアルタイムな人材情報の把握が可能となり、かつ人事戦略立案に向けた経営情報を把握できる仕組みがあること、グループ各社ごとの環境を構築できるため、各社の規定や制度へ柔軟に対応できること、パッケージ標準のワークフロー機能を活用することにより、紙ベースで回付していた人材情報の変更をシステムに統合させることで業務の効率化が図れること、多くの導入実績に加え、開発元であるSCSKが自社システムとして利用する中で人事戦略を具現化したパッケージであり、そのノウハウを活かした提案に一体感・安心感を得られたこととしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】 中堅・中小企業向けERP SAP Business One 【SAPジャパン】 厳格な製薬業界の規制に対応、保全担当の業務効率が大幅改善した秘訣 【インフォアジャパン】
ERP ERP ERP ERP ERP
会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。 会計管理から、顧客管理、購買管理、サービス、生産管理、プロジェクト管理まで、主要な業務プロセスの合理化・効率化を低価格かつ簡単な操作で実現できるクラウド型ERP。 厳格な製薬業界の規制に対応、保全担当の業務効率が大幅改善した秘訣

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043676


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ