EMC、IDCの調査で世界のビッグデータの分析は1%未満と発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、IDCの調査で世界のビッグデータの分析は1%未満と発表


掲載日:2012/12/18


News

 米EMCコーポレーション(EMC)は、同社の協賛でIDCが実施したデジタル・ユニバースの調査“Big Data,Bigger Digital Shadows,and Biggest Growth in the Far East”の結果を発表した。

 今回の調査によると、人やマシンによって日々、膨大な量のデータが生成され、デジタル・ユニバースはかつてないペースで拡大を続けているものの、世界のデータのうち分析が行なわれているデータは全体の0.5%にとどまることがわかったとしている。

 PCやスマートフォンなどのデバイスの数が世界的に急増し、新興国市場におけるインターネット接続が増加するとともに、監視カメラやスマートメータなどのマシンによって生成されるデータ量が急激に拡大することによって、デジタル・ユニバースは過去2年間で倍増し、2.8ゼッタバイトという膨大な量に達しているとしている。
 IDCでは、2020年にはデジタル・ユニバースの規模は40ゼッタバイトにまで達すると予想しており、この量は2011年の予測を14%上回っているとしている。地球上のすべての海岸にある砂の粒を合計すると7垓50京(1垓=10の20乗)個。40ゼッタバイトはその57倍に相当するとし、全世界のすべての人が1人当たり5247ギガバイトを保有することになるとしている。

 今回の調査の要点として、ビッグデータには、これまで活用されていなかった大量のデータから価値を抽出できる大きな可能性があるが、新たなデータの大半はタグ付けされていないファイルがベースとなっており、構造化されていないためにデータに関する情報をほとんど得ることができないこと、保護されるべきデータの量は、デジタル・ユニバース全体の拡大を上回るペースで増加していること、デジタル・ユニバースは当初は先進国市場における現象であったものの、その立場が変化し、新興市場のユーザがより大きな影響を及ぼす存在になろうとしていることを挙げている。

 また、デジタル・ユニバースの“インフラストラクチャ”と考えられるIT関連(ハードウェア、ソフトウェア、サービス、テレコミュニケーション、人材)の投資は、2012年から2020年にかけて40%成長すると予測している。ストレージ管理、セキュリティ、ビッグデータ、クラウド・コンピューティングといった特定の分野の投資は、非常に速いペースで成長すると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 「データ活用・AI(人工知能)」に関するアンケート 【日本電気株式会社】 クラウド導入に伴う課題に対して企業はどのように乗り越えたか 【株式会社セールスフォース・ドットコム】 GRANDIT 【双日システムズ】 「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、その営業改善策とは? 【富士通】
データベースソフト データ分析ソリューション SFA ERP SFA
専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 抽選で5名様に5000円分商品券★データ活用・AIに関するアンケート 2社の事例から学ぶ、予測困難なビジネスを支えるクラウド活用術 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、アサヒプリテックの営業改善策とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043650



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ