フュージョン、IaaSをオンラインで申し込み可能に、提供OSも拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フュージョン、IaaSをオンラインで申し込み可能に、提供OSも拡充


掲載日:2012/12/17


News

 フュージョン・コミュニケーションズ株式会社(フュージョン)は、IaaS型パブリッククラウドサービス「FUSION Cloud」で、書類での手続きが不要なオンライン申し込みの受け付けを開始したほか、提供OSにWindowsを追加する。

 「FUSION Cloud」では、仮想マシン/ブロックストレージ/ロードバランサ/オートスケールといったITリソースを、必要な時に必要な分だけ提供できる。

 今回、オンラインサインアップで申し込めるようになり、最短5分程度で利用開始できるようになった。

 提供OSの追加では、Windows Server 2008 R2(64ビット)とWindows Server 2008(32/64ビット)に対応した。Windowsの提供料金は、初期費用無料で、月々の料金は仮想マシンの利用料金に加え、OSを動作させる仮想マシンのタイプに応じて変動する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

HPE専門チームが推奨するDCテクノロジーはどれだけコストを削減するか 【日本ヒューレット・パッカード】 ERPのクラウド移行、トプコンがコストと運用負荷を大幅削減できた秘訣とは? 【日本アイ・ビー・エム】 VMwareの移行先として「IBM Cloud」は本当に“使える”のか? 【日本アイ・ビー・エム】 グローバルIP-VPN/マネージドICT/クラウドサービス 【シンガポールテレコム・ジャパン】 OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 【インテル】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
企業ITを全方位でカバーするHPEの専門チームは、なぜいま、フレキシブルキャパシティを推奨するのか。利用モデルの違いとコスト削減効果を探る。 ERPのクラウド移行、トプコンがコストと運用負荷を大幅削減できた秘訣とは? 企業のクラウド導入が進む一方で、全てをクラウドネイティブに刷新することが正解とは限らない。既存環境を生かしながらクラウドのメリットを享受することはできるのか。 グローバル展開を迅速化!その企業が頼りにした“クラウド”とは OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043629


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ