提携:KCCS、ウォッチガードと協業しセキュリティ対策を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:KCCS、ウォッチガードと協業しセキュリティ対策を提供


掲載日:2012/12/17


News

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)との協業を発表した。

 KCCSは今回の協業により、ウォッチガードのUTM(統合脅威管理)ソリューション「WatchGuard XTM」の販売を開始するとともに、KCCSが提供するネットワーク脆弱性診断サービス「nCircle PureCloud」と「WatchGuard XTM」を組み合わせたセキュリティソリューションを2社で提供し、マーケティング活動を行なっていく。

 「WatchGuard XTM」は、UTMアプライアンスで、優れたセキュリティと高速UTMスループットを可能するほか、100種類以上のレポートを標準機能で提供することによって、セキュリティの“見える化”を可能にする。

 「nCircle PureCloud」は、nCircle Network Security,Inc.が提供するアプライアンス型の脆弱性・リスク管理システム「nCircle IP360」を使ったクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス。システム導入が不要で、タイムリーかつ低コストな診断ができる。更に、グローバルでの利用も可能で、海外拠点や子会社を含めたグループ企業全体で統一したリスク管理を行なえる。

 両サービスを組み合わせることによって、ユーザはリスクの洗い出しと防御を継続的に行なえるようになる。社内ネットワークの脆弱性診断を行なった後に、UTM機能を活用し社内ネットワークが保護できるほか、UTMの設定や社内ネットワークの構成・設定変更後に、再度ネットワーク脆弱性診断を実施できる。また、「nCircle PureCloud」から「WatchGuard XTM」のIPS(不正侵入検知、防御)機能のチェックも可能で、不正侵入に対して正しい対策が実施されているかを確認できる。

 なお、KCCSはウォッチガードの最高レベルのパートナーである“WatchGuard RED Partner”として認定された。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ホームセンターのカインズが、店舗とEC双方の集客を向上させたサイト改善の手法 【ゴーガ】 フォーチュン500の15%の企業が選ぶ、デジタル革新のためのCMSとは? 【のれん】 予測不可能な未来にも適用できるデジタルマーケティング基盤のつくり方 【のれん】 クラウド型シングルサインオンサービス SafeNet Trusted Access 【ジェムアルト】 Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言 【東京エレクトロン デバイス+他】
CMS CMS CMS シングルサインオン SAN
多数の店舗や事業所を持つ企業にとって、地図上での情報表示は顧客満足度の点で欠かせない。その使い勝手や見せ方を工夫すれば、さらに大きな事業貢献ができるという。 フォーチュン500の15%の企業が選ぶ、デジタル革新のためのCMSとは? 予測不可能な未来にも適用できるデジタルマーケティング基盤のつくり方 クラウド上およびオンプレミスアプリケーションへの安全なアクセスを提供するアクセス管理・アイデンティティー保護サービス。 Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043621



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ