採用:鈴与シンワート、鈴与でCMSサポートサービスを稼働

IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:鈴与シンワート、鈴与でCMSサポートサービスを稼働


掲載日:2012/12/14


News

 鈴与シンワート株式会社は、SEO・LPO機能を搭載したマーケティングCMSのクラウドサービス「HeartCore_SaaS」が鈴与株式会社の“通販フルフィルメントサービス”の紹介Webサイトで本格稼働したことを発表した。

 「HeartCore_SaaS」は、鈴与シンワートが提供するクラウド環境で稼動するWebコンテンツマネジメントシステム(CMS)のサポートサービス。同社データセンタで運営するクラウドサーバ上で「HeartCore」を稼動させ、エンタープライズ向けWeb構築の技術チームが専任でサポートする。安価な最小構成によるミニマムプランから高可用性を可能にするハイアベイラビリティプランまで用途に応じたサーバ構成が用意されている。

 「HeartCore」は、専門知識のないユーザでも、直感的な操作で迅速にWebコンテンツの編集を行なうことが可能なCMS。44ヵ国の言語に対応し、各国の時刻に合わせたWebサイトの公開やコンテンツの配信が可能、Webサイトへの誘客を促進する自動SEO、LPO、SNS連携などのマーケティング機能を搭載、小規模レベルからエンタープライズレベルまで段階的な導入が可能といった特徴を持っている。

 鈴与の“通販フルフィルメントサービス”は、物流(商品の発注、検品、梱包、発送、在庫管理)をはじめ、コールセンタ、決済代行などを代行するサービス。

 鈴与は、“通販フルフィルメントサービス”のプロモーション施策として、Webサイトの活用に重点を置くことを決定し、構築を検討していたとしている。事例掲載やブログなどを重視したため、高いコンテンツの更新頻度に対応する必要があったとし、また、サービスの紹介サイトという性質上、SEO対策も気にかけていたとしている。

 同社のグループ会社である鈴与シンワートが展開する「HeartCore_SaaS」は、コンテンツ更新の容易さと自動SEO機能の効果が見込めるという点や、導入実績が評価され採用されたとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CMS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

「CMS」関連の製品

CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 Webコミュニケーションプラットフォーム Sitecore on Cloud 【ソフトバンク・テクノロジー】 業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性 【ハイランドソフトウェア】 CMS「NOREN」 【のれん】 デジタルマーケティングがうまくいく、ビジネスとICTの課題解説 【富士通】
CMS CMS CMS CMS CMS
効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 多機能なCMS基盤にマーケティング機能(アクセス解析、A/Bテスト、ターゲティング)を備えたWebプラットフォーム。安定したインフラ基盤と運用監視サービスも併せて提供。 業務アプリをつなぐ「情報ハブ」とは? ECMに見る文書管理の新たな可能性 複雑な組織構造や承認フローなど、関係者が多い国内企業特有のWebサイト運用を支えるCMS。Web担当者が戦略立案と実行に注力できる効率的なWebサイト運用を実現。 ICTだけでは不十分、デジタルマーケティングがうまくいかない理由

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043604


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ