日立ソリューションズ、「JP1」活用支援ソリューションを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソリューションズ、「JP1」活用支援ソリューションを拡充


掲載日:2012/12/14


News

 株式会社日立ソリューションズは、株式会社日立製作所(日立)の統合システム運用管理「JP1」の活用を支援する「JP1ソリューション」のラインアップを拡充した新版の提供を開始した。価格は個別見積。

 今回の新版では、ビッグデータを解析するためのオープンソース分散処理基盤「Apache Hadoop」のパフォーマンス情報を日立ソリューションズの技術で見える化し、システム障害の早期予兆検知を図れる「JP1連携ソリューション for Apache Hadoop」を追加した。また、業務運用を自動化する「JP1/Automatic Job Management System 3」のユーザに、ニーズに合った画面構築を支援する「JP1ジョブ管理オリジナル画面構築ソリューション」など、6つのソリューションも提供する。

 「JP1連携ソリューション for Apache Hadoop」は、サーバの稼働状況をモニタリングする「JP1/Performance Management」と、日立ソリューションズの技術やノウハウを組み合わせ、「Apache Hadoop」のパフォーマンス情報を見える化でき、システム障害の早期予兆検知を図れ、ユーザのシステムの安定稼働を支援する。

 「JP1ジョブ管理オリジナル画面構築ソリューション」では、「JP1 Version10」の新版で提供された「JP1/Automatic Job Management System 3 - Software Development Kit」を活用し、ユーザ独自の業務画面から直接業務を実行できるなど、ジョブ運用に対するユーザの要望に応じたオリジナル画面を構築でき、業務の効率化や利便性の向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 OSSによるインフラ構築の悩みを解消し、アプリ開発に専念する秘策とは 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 「PCやシステムの運用管理」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
オープンソースソフトウェア(OSS)がさまざまなシステムの基盤として使われているが、OSS同士の相性に起因する問題は解決が難しい。頼れる専門家はいないだろうか。 抽選で20名様に5000円分商品券★「PCやシステムの運用管理」に関するアンケート PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043598


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ