ウイングアーク、情報活用ダッシュボードのLinux版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウイングアーク、情報活用ダッシュボードのLinux版を発売


掲載日:2012/12/14


News

 ウイングアーク株式会社は、表現力や開発生産性を向上させた情報活用ダッシュボード「MotionBoard Ver.4.1」のLinux版の出荷を開始した。価格は400万円から(25ユーザ)。

 「MotionBoard」では、様々なデータソースを直接参照し、表現力に優れたグラフやチャート、集計表を用いて、情報を集計/分析できる。

 今回出荷されるLinux版は、Red Hat Enterprise Linux Server release 5.7/5.8/6.1/6.2に対応している。これにより、自社か、クラウドサービスやデータセンタか、という運用形態を問わず、利用環境としてRHELを選択し、コストを抑えた導入/運用が可能になる。


出荷日・発売日 2012年12月13日 出荷
価格 400万円〜(25ユーザ)

関連キーワード

「ウイングアーク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 OfficeソフトのようなBIツールで「情シス依存」を解消! 【ジャストシステム】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う? 【日本アイ・ビーエム】
BI BI BI BI BI
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043596


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ