OCH、沖縄をITハブにしたアジア圏広域クラウドiDCを構築可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OCH、沖縄をITハブにしたアジア圏広域クラウドiDCを構築可能に


掲載日:2012/12/14


News

 沖縄クロス・ヘッド株式会社(OCH)は、クラウド型インターネットデータセンタ(iDC)「CUMO iDC2」のサービスを開始した。

 「CUMO iDC2」では、iDCを構成するラック/サーバなどを含めた物理機器を、サーバとソフトウェアを用いてクラウド化し、iDCを論理化/抽象化することで、安価/柔軟/迅速にiDC内にシステムを構築できる。また、クラウド化されたiDCを沖縄/福岡/香港に分散配置することで、沖縄をITハブにしたアジア圏広域クラウドiDCを構築でき、同時被災リスクを抑える災害対策としても活用できる。

 ラックに搭載する機器はすべて、マーケットから購入する。サブアカウントを作ることで、購入者を制限することもできる。また、教育機関向けのプランが廉価に提供され、画面上で操作できる特長を活かして、学習者はシステムをリアルタイムに操作しながら学べる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「沖縄クロス・ヘッド」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043587


IT・IT製品TOP > データセンター > その他データセンター関連 > その他データセンター関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ