採用:アーク、BDのクラウド型統合ビジネスアプリを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アーク、BDのクラウド型統合ビジネスアプリを導入


掲載日:2012/12/13


News

 ブランドダイアログ株式会社(BD)は、同社が提供するクラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」を導入したアーク株式会社の最新導入事例を発表した。

 アーク株式会社は、東日本を中心に家賃保証業をはじめ携帯電話販売業などを展開している。同社は営業担当者全員に義務づけている毎日の営業報告が、会社として有益な情報として蓄積されているが、次のアプローチにつながる形で整理されていないという問題を抱えていた。

 導入担当者のアークの大泉 勝嗣氏は、いくつかの製品を比較検討し「Knowledge Suite」で業務改善を行なっていこうと決めたとしている。現在は社員各自で登録や試用するテスト導入期間中であるとし、本格運用は開始していないが、社員全員が同製品を使うことに慣れて定着すれば、社内の統一感や営業の成績は自然と上がってくると考えていると、伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

役員の名刺情報をビジネスに活用するには? ブロードリンクに学ぶ名刺管理術 【サンブリッジ】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 Mobile Perfect SP 営業支援SFA レポートサービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 モバイルSFA「cyzen (サイゼン)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み 【サンブリッジ】
SFA SFA SFA SFA SFA
役員の名刺情報をビジネスに活用するには? ブロードリンクに学ぶ名刺管理術 ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型営業支援SFA レポートサービス。ほかにもさまざまなサービスを揃え、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。 サービス開始から約4年で950社超の企業が導入するモバイルSFA。多数の業界での導入・活用ノウハウが集約され、営業支援から保守メンテナンスまでさまざまな業務をカバー。 Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043560


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ