富士通テン、米国シリコンバレーに研究開発拠点を開設

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通テン、米国シリコンバレーに研究開発拠点を開設


掲載日:2012/12/13


News

 富士通テン株式会社は、米国現地法人であるFUJITSU TEN CORP. OF AMERICA(富士通テンアメリカ)が11月1日、米国シリコンバレーに研究開発拠点“Silicon Valley Creative Square”(SCS)を開設したことを発表した。

 SCSは、シリコンバレーの中核に位置するサニーベールに開設される。IT先行市場とされる北米で先進技術の調査・発掘・研究を行ない、富士通グループや、外部パートナーとのアライアンス推進を通じて、つながるシステム(車載機・サービス)などのプロトタイプの開発まで行なう。

 富士通テングループは、SCS開設により、先行市場の潮流を生かした新たな商品・サービスの創造を目指し、道路交通情報や車両情報などをリアルタイムでドライバーに提供できる「テレマティクス」ビジネスの拡大を成長戦略の柱の1つとして注力するとしている。



関連キーワード

「富士通テン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 ビジネスチャット 「ChatLuck(チャットラック)」 【ネオジャパン】 グループIT基盤の最適化のために、短期間でのIT基盤刷新を実施 【NTTコミュニケーションズ株式会社】
タブレット 運用系業務アウトソーシング 勤怠管理システム 社内SNS IaaS/PaaS
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 チャットアプリを中心にリアルタイムかつ効率的なコミュニケーションを実現。セキュリティなどビジネスに必要な機能を搭載。 サッポログループが実現、グローバルIT基盤の刷新とそれを支える運用管理
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043546



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ