富士通テン、米国シリコンバレーに研究開発拠点を開設

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通テン、米国シリコンバレーに研究開発拠点を開設


掲載日:2012/12/13


News

 富士通テン株式会社は、米国現地法人であるFUJITSU TEN CORP. OF AMERICA(富士通テンアメリカ)が11月1日、米国シリコンバレーに研究開発拠点“Silicon Valley Creative Square”(SCS)を開設したことを発表した。

 SCSは、シリコンバレーの中核に位置するサニーベールに開設される。IT先行市場とされる北米で先進技術の調査・発掘・研究を行ない、富士通グループや、外部パートナーとのアライアンス推進を通じて、つながるシステム(車載機・サービス)などのプロトタイプの開発まで行なう。

 富士通テングループは、SCS開設により、先行市場の潮流を生かした新たな商品・サービスの創造を目指し、道路交通情報や車両情報などをリアルタイムでドライバーに提供できる「テレマティクス」ビジネスの拡大を成長戦略の柱の1つとして注力するとしている。



関連キーワード

「富士通テン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 【スプレッドオフィス】 インカムシステム 【NTTテクノクロス】 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 【F5ネットワークスジャパン】 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 【シマンテック】
認証 帳票管理システム その他情報共有システム関連 ADC/ロードバランサ メールセキュリティ
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 IPベースのインカムシステムで、スムーズな情報共有を実現するリアルタイムコミュニケーションツール。 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043546



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ