テックウインド、OpenFlow v1.2対応スイッチの取り扱いを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


テックウインド、OpenFlow v1.2対応スイッチの取り扱いを開始


掲載日:2012/12/12


News

 テックウインド株式会社は、台湾Accton Technology Corporation(Accton)社製のホワイトボックス・データセンタスイッチの取り扱いを開始し、Accton製OpenFlow 1.2対応レイヤ2/レイヤ3データセンタ向けToR(Top of Rack)スイッチ「AS5600-52T」「AS5600-52X」の取り扱いを12月中旬に開始する。価格はオープン価格。

 今回取り扱いが開始されるのは、48ポートの10GbEと4ポートの40GbE(QSFP+)アップリンクを搭載する「AS5600」シリーズの2製品4モデル。RJ-45インターフェース対応の「AS5600-52T」と、SFP+インターフェース対応の「AS5600-52X」がラインアップされ、各製品でL2/L3スイッチが展開される。

 Broadcom製のチップセットとLinuxベースのネットワークOSを採用することで、1.28Tbpsのスイッチング容量と、最新のネットワーク機能を備え、高性能ながら低廉な価格と高い安定性を達成している。

 OpenFlow機能無効化時には一般的なL2/L3スイッチとして動作するハイブリッド設計で、低価格で高密度な10GbEスイッチとしても活用できる。特にRJ-45を採用し従来の1000BASE-Tとの下位互換性を備えた「AS5600-52T」は、データセンタに加え、既存の企業内ネットワークにも手軽に導入できる。

 またテックウインドは、データセンタや法人ユーザの需要に対応するため、保守サービスメニューの提供を2013年(予定)に開始するほか、法人ユーザを対象にした評価機貸出サービスを2013年(予定)に開始する。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークスイッチ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークスイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワークスイッチ」関連の製品

“総仮想化時代”に適した「次世代ネットワークアーキテクチャ」の具体像 【ジュニパーネットワークス】 ApresiaLightシリーズ (インテリジェントL2スイッチ) 【APRESIA Systems】 セキュリティスイッチ 「TiFRONTクラウド管理型モデル」 【パイオリンク】 ネットワーク仮想化の前に押さえるべき「アンダーレイネットワーク」の要件とは 【ジュニパーネットワークス】 インフラ運用自動化に不可欠な「可視化」、その具体策とは? 【ジュニパーネットワークス】
ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ
仮想環境に適したネットワークの構築や運用を進めたいと考えている企業およびネットワークエンジニア。 低価格でありながら標準的なL2機能を実装。更に、5年間の無償保証がついて安心。 通常通信はそのまま、攻撃性のある不正なトラフィックのみを素早く検知する内部対策向きのクラウド管理型L2スイッチ。既存対策製品と合わせて多層防御を構築する。 サーバやストレージに続きネットワークにも仮想化の機運が高まりつつあるが、仮想化だけでは解決できない課題もある。物理ネットワークをないがしろにすると痛い目に遭う。 複雑化するインフラの運用負荷を劇的に軽減するには、自動化を押し進める以外に有力な道はない。その歩を進める前に、どうしても着手しなければならないことがある。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043529


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ