DO!、電子BOOK作成をWindows 8などに対応、動画再生機能も拡充

IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DO!、電子BOOK作成をWindows 8などに対応、動画再生機能も拡充


掲載日:2012/12/10


News

 日本デジタルオフィス株式会社(DO!)は、電子BOOK作成システム「DO!BOOK」のスマートデバイス機能を拡充したバージョンをリリースした。

 「DO!BOOK」は、PDFから自動でPC/iOS/Androidで閲覧できる電子BOOKを作成するシステム。今回のバージョンでは、Windows 8やKindle Fireなどのリリースに対応し、Windows 8(RT版含む)やNexus、Kindle Fireなどのスマートデバイスに対応した。HTML 5の動画機能を組み込むことでBOOK上で動画を再生できる機能などを備えているほか、今後バーコード対応のドキュメント検索機能などの新機能も順次提供される。

 従来の閲覧環境(Windows/Mac/iPhone/iPad/iPad mini/Andoridなど)に加え、Windows 8デスクトップ環境、Windows 8インターフェース、Windows 8 RT(マルチタッチ対応インターフェース専用のHTML 5プログラムを装備)、Nexus、Kindle Fireの環境に対応した。いずれも1000ページの大量ページ、A1サイズまでの図面などの大型ドキュメントに対応し、3G環境下での閲覧速度が向上している。特に、Windows 8では、デスクトップや新インターフェース、マルチタッチ対応インターフェースでプログラムが自動で切り換わり、スワイプなどの操作に対応している。また、全環境で同一のコンテンツを閲覧でき、PDFから自動で生成できる。

 PDF内に設定された動画へのリンクを自動的に認識し、BOOK上の当該個所で動画を再生できるため、BOOKの表現力向上、動画組込の作業性の改善を図れる。

 「SaaS版」「買取版」「グローバル版」が用意されていて、「SaaS版」は、米国/欧州でも2013年1月に提供が開始される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CMS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

「CMS」関連の製品

Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】 SDL Tridion 【タクトシステムズ】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】
CMS CMS CMS CMS CMS
豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。 グローバル企業700社に導入◆多言語Webサイトの課題に迫る!! コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043442


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ