パテント・リザルト、ナノインプリント分野の特許情報を分析

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パテント・リザルト、ナノインプリント分野の特許情報を分析


掲載日:2012/12/10


News

 株式会社パテント・リザルトは、日本に出願されたナノインプリント関連技術について、同社が提供する特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果を発表した。

 ナノインプリントとは、モールド(スタンパー、テンプレート)を樹脂に押しつけ、モールド上に形成されたパターンを樹脂に転写する技術。微細加工に適しており、半導体リソグラフィ、光デバイス、記録メディア、MEMS技術などへの応用が検討されており、既存の微細加工技術と比べ、コスト低減が図れるという特徴があると伝えている。

 今回の調査ではナノインプリント技術関連の特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する“パテントスコア”をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行なったとしている。なお、総合力の評価では“パテントスコア”を機関ごとに集計し、同スコアが50点以上のものを合算している。50点以上のものだけを集計している理由は、パテントスコアが低くても特許件数が多いことによって総合力が上がってしまうことを防ぐためとしている。

 パテント・リザルトによると、“総合力ランキング”では、1位東芝、2位米Molecular Imprints、3位キヤノンとなった。ナノインプリント装置メーカーで他社をリードする米Molecular Imprintsが日本においても非常に総合力が高くなっているとし、更には半導体露光装置メーカー3社中、キヤノンとASMLの2社が上位に入っていることも特徴的としている。

 総合力上位5社について特許庁テーマコード分類を用いて技術動向を見ると、東芝、富士フイルムは当初磁気記録媒体、特にDTM、BPMの製造プロセスとしてのナノインプリント(テーマコード5D006、5D074、5D112)が主流だったが、それらは減少傾向にあり、逆に、半導体露光用途(5F146)の増加が目立つとしている。また富士フイルムは樹脂(レジスト)材料(4J100、2H125)に関する公報の増加も見てとれると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSOcube 【ネットスプリング】 店舗検索システム GOGA Store Locator 【ゴーガ】 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 【日本マイクロソフト】 ProPlus for C-x 【プロシップ】 ProPlus固定資産システム 【プロシップ】
シングルサインオン その他WEB構築関連 CRM 会計システム 会計システム
シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。
◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。
Google Maps APIを利用し、企業がWebサイトで利用する店舗検索コンテンツを容易に作成、メンテナンスできるクラウドサービス。 マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは 「固定資産管理システム」統合事例:グループ全体の最適化で効率化とコスト削減 グローバル事業の会計基準を統合――事例に学ぶIFRS対応を進める効果的な方法
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043433



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ