ジェネシス、ガートナー社のレポートにおいてWFOで評価対象に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェネシス、ガートナー社のレポートにおいてWFOで評価対象に


掲載日:2012/12/10


News

 米Genesys Telecommunications Laboratories,Inc.(ジェネシス)は、ガートナー社のレポート“コンタクトセンター・ワークフォース最適化のマジック・クアドラント”(Jim Davis著、11月7日発行)において、この分野のプレーヤーとして今回初めて評価対象となったと発表した。

 ジェネシスは、顧客サービスとコンタクトセンタ向けのソフトウェアとサービスを提供する。同社のソフトウェアは、コンタクトセンタからバックオフィスまでのインタラクションを処理し、企業によるサービスの提供と、パーソナライズされたクロスチャネルの顧客体験を可能にする。

 ガートナー社の“マジック・クアドラント”は、ビジョンの完全性と実行能力に基づいて評価が行なわれているとしている。

 今回発表されたレポートは、ワークフォース最適化(WFO)ソリューションを“TCOの低減から業務パフォーマンスの改善にいたるまで、様々な付随的利点を持つことから、コンタクトセンタ内部に戦略的に組み込む必要がある。既存設備との関係、調達サイクルの遅延、自社が契約しているベンダの成熟度などにより、統合化されたソリューションを採用するまでには数年かかるかもしれないが、100人以上のエージェントを擁するコンタクトセンタは、WFOに向けて努力するべきである”と定義するとしている。

 ガートナー社は、中核的なWFO機能(通話の録音やエージェントのスケジューリングなど)を可能にするために、エージェントを中心に据えた各種の単体テクノロジを組み合わせて購入する時代は終わりを迎えつつあるとしている。WFOスイートは、契約するベンダが1社で済むこと、TCOの低減、統合の問題がなくなること、異なる機能にまたがるワークフローを取り込めることなど、数多くの利点があるため、導入する企業が増えてきていると伝えてている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】
EDI 文書管理 ワークフロー 検疫 検疫
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043426



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ