マカフィー、2012年第3四半期の脅威レポートを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、2012年第3四半期の脅威レポートを発表


掲載日:2012/12/07


News

 マカフィー株式会社は、サイバー犯罪の手口と世界のサイバー攻撃の現状を報告する2012年第3四半期の脅威レポートを発表した。

 同調査によると、モバイル端末を狙うマルウェアの数が2倍に増え、DBのセキュリティ侵害は過去最高を記録している。また、同四半期はユーザを脅迫して金銭を奪い取るランサムウェアや署名付きバイナリなど、一部のマルウェアが急増したとしている。ルートキットとMacを狙うマルウェアも引き続き増加し、パスワード盗用型トロイの木馬とAutoRunマルウェアも衰えていない。

 同社は、第3四半期のレポートにおいて、オンライン金融詐欺が世界各地で発生し、その範囲はヨーロッパだけでなく北米やコロンビアに広がっており、サイバー犯罪者は、ヨーロッパの金融機関を攻撃する際に用いた自動送金システム(ATS)を使い、米国の大手金融機関にも攻撃を仕掛けていると伝えている。

 また、今期はユーザを脅迫して金銭を奪い取るランサムウェアの数が43%増加した。ランサムウェアは、メールやソーシャルネットワークのリンクなどを介してデバイスに感染するマルウェアで、コンピュータをロックするとユーザを脅し、ロック解除と引き換えに金銭を要求する。この攻撃手法は最も急増している脅威の1つとなっていると伝えている。

 更に、モバイル端末を対象としたマルウェアも約2倍に増えており、今期は、同社のDBに登録されたマルウェアの件数が1億件を突破したとしている。最も狙われたプラットフォームはAndroidとなっている。そして、2012年度のデータ漏洩の件数は、11月現時点で、2011年度全体の数字をすでに上回っていると伝えている。そのほかステルスマルウェアや不審なURLの増加についても言及している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
WAF 検疫 その他運用管理関連 ビッグデータ BI
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043396



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ