日本IBM、災害対策のストレージ構築を短期化するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、災害対策のストレージ構築を短期化するサービスを提供


掲載日:2012/12/07


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、ディスク・ストレージの災害対策強化を図る企業向けに、システム構築の期間を短縮して早期の稼働を支援するサービス「災害対策用ストレージ設計/構築サービス(パターンド・モデル)」の提供を開始した。価格は個別見積。

 今回提供されるサービスの対象機器は、エンタープライズ・ディスク・ストレージ「IBM System Storage DS8000」(DS8000)と「IBM XIV Storage System」(XIV)。

 同社が災害対策向けシステム構築で培ってきた災害対策構築設計書/運用手順書/構成設定情報といった知的財産を、サービス・デリバリに組み合わせて提供する。システム構築の運用設計や設定書開発といったフェーズを短縮できるため短期間で稼働できる上、システムの品質を向上でき、安定稼働を見込める。

 「DS8000」の場合は、「DS8000」の有料オプションで非同期ミラーリングを行なう「Global Mirror機能」と、ストレージ管理ソフト「Tivoli Storage Productivity Center」のレプリケーション・サービス管理機能を使うことで、高度な災害対策を構築できる。「XIV」の場合は、「XIV」のスナップショット機能を利用してバックアップを行なうことで、ほかのソフトウェアへの追加投資不要で災害対策を構築できる。

 知的財産の提供については、設計設定書/運用手順書といった文書約10種類が、再利用可能な形で統合されて提供される。ライセンス使用許諾方式で、構築サービスと組み合わせて提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043389


IT・IT製品TOP > バックアップ > その他バックアップ関連 > その他バックアップ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ