サードウェーブデジノス、Windows 8搭載小型デスクトップPC発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブデジノス、Windows 8搭載小型デスクトップPC発売


掲載日:2012/12/05


News

 株式会社サードウェーブデジノスはコンパクトな筐体に、モバイル向けの低電圧版Core i3プロセッサを搭載した、コンパクトデスクトップPC「Diginnos Mini NUC-GL」「Diginnos Mini NUC-TB」を、同社の展開するPC「Diginnos」の製品ラインアップに加え、全国21の“ドスパラ”各店舗及びドスパラ通販サイトで発売した。

 「Diginnos Mini NUC」シリーズは、ケースを含めた本体外形の寸法が幅116.6mm×奥行き112×高さ39mmとコンパクトな筐体と、インテルが提唱する“NUC”(Next Unit of Computing)に準拠した10cm四方の小型マザーボードを採用している。付属のVESAマウントブラケット(75mm×75mm/100mm×100mm対応)を使用して液晶モニタの背面に搭載することもできる。

 モバイル向けのCore i3-3217Uプロセッサ、グラフィックス機能はインテルHDグラフィックス 4000を搭載し、フルHD動画の再生などもできる。

 OSにはWindows 8を搭載(Windows 7搭載モデルも選択可)しているほか、省電力な低電圧版のモバイル向けCPUと、物理的な駆動部分(モーター)が無いSSDとの組み合わせにより、一般的なデスクトップPCに比べて消費電力を低減している。300Mbpsの高速通信が可能な、インテル純正IEEE 802.11a/b/g/n対応の無線LANカードを標準で搭載し、デスクトップ画面をワイヤレスで伝送できる“WiDi”や、セキュリティ機能“vPro”にも対応している。

 「Diginnos Mini NUC-GL」はインテル製ギガビットLANコントローラ、「Diginnos Mini NUC-TB」は高速データ転送が行なえデイジーチェーン経由で複数機器の接続が可能な転送規格“Thunderbolt”端子をを搭載している。

 両製品いずれも、モバイル インテル QS77 Express チップセット マザーボード/メインメモリ8GB PC3-12800(DDR3 SOーDIMM、4GB×2、最大16GB)/SSD 128GB(mSATA接続)を装備している。

 価格は、「Diginnos Mini NUC-GL」が5万9980円、「Diginnos Mini NUC-TB」が6万2980円(いずれも税込)。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 【日本アイ・ビー・エム】 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤 【インテル】
統合運用管理 その他データ分析関連 無線LAN IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043297



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ