イード、次世代高速通信サービスのカバーエリア調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イード、次世代高速通信サービスのカバーエリア調査を実施


掲載日:2012/12/05


News

 株式会社イードは、全国14都市のスポット、地上・屋内・地下、合計42ヵ所における“次世代高速通信サービスのカバーエリア調査”を実施した。

 今回の調査では対応エリアに着目し、次世代高速通信サービスの中でもモバイル無線LANルータを扱っている4キャリアのカバーエリア評価を実施した。

 11月9日〜11月15日の調査期間で、平日の9:00〜23:00の時間帯に各ルータを同条件下で3回計測し、下りの通信速度の平均値を記録。また、その時の高速通信入否状況、電波本数に加えて、YouTubeにて同一の動画を視聴した際の停止回数を記録した。RBB TODAYスピード測定を計測ツールとし、ルータは、NTTドコモ(L-04D)、UQ WiMAX(DATA08W)、ソフトバンクモバイル(102HW)、イー・モバイル(GL04P)、PCはCPUにCore i5-2520M搭載のTOSHIBA「dynabook R731/B」を使用して調査した。

 同調査の結果では、全国的に高速通信エリアが広く使えたのは「WiMAX」と「Xi」としている。主要都市の地上エリアは全キャリアともに、ほぼ問題なく高速通信が使用可能で、「WiMAX」の高速通信エリアは40スポット、「Xi」の高速通信エリアが35スポットと広く使えたと伝えている。また、「WiMAX」と「Xi」は、3G通信を含めると屋内、地下を含め全スポットで通信が使えたとしている。「EMOBILE LTE」、「SoftBank 4G」は、屋内、地下のカバー率でやや遅れを取っており、地下や屋内では、3G回線や圏外となるスポットも散見されたとしている。

 また、通信速度測定の結果、最速を獲得したスポットが最も多く、安定した実効速度を記録したのが「WiMAX」であると伝えている。「Xi」も安定した通信速度を保ったが、全キャリアが高速通信を利用可能なスポットでは最速を記録することが少ないなど、通信速度では他キャリアに一歩及ばないケースが目立つとしている。一方、「SoftBank 4G」、「EMOBILE LTE」は、スポットによっては非常に高い実効速度を記録した。動画再生テストにおいては他キャリアに比べて停止回数が多いなど安定性では劣るものの、電波状況や環境によっては高速な通信が可能になる場合もあったとしている。



関連キーワード

「イード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT運用をなぜ自動化できないのか? 業務プロセスと解決策とは 【NTTコミュニケーションズ】 訪日客向け、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは 【駅探】 Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopはなぜ必要? 分析アーキテクチャ最適化4つのメリット 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
運用系業務アウトソーシング 特定業種向けシステム データ分析ソリューション データ分析ソリューション ビッグデータ
IT運用を自動化できないのはなぜか? 成功に導く業務プロセスの特徴と解決策 訪日客向けビジネスの第一歩、ノウハウ不要で組み込める3種の観光案内機能とは Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略 Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20043295



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ